キオスクモード (Android デバイスポリシー)

キオスクモード」の設定では、デバイスをキオスクモードで使用する際の制限を定義します。

デバイスで実行される、キオスクアプリと呼ばれるアプリを設定できます。

注: デバイスにポリシーを割り当てる際に、そのデバイスにキオスクアプリがインストール済みでない場合、そのアプリがインストールされるまで、割り当てタスクの状態は「不完全」のままになります。

設定

説明

指定方法

この設定では、キオスクアプリの起動方法を選択します。

  • カスタム: キオスクアプリの ID を入力します。
  • アプリのリスト: 「Sophos Mobile」に追加した Android アプリのリストからキオスクアプリを選択します。
  • なし: キオスクアプリはありません。キオスクモードの制限がデバイスに適用されていますが、アプリは何も起動されません。

アプリ ID

キオスクアプリ。

オプション

キオスクモードでオフにできるデバイスの機能。

なお、デバイスのいずれの機能もオフにしない場合、ユーザーは、キオスクアプリを終了して、通常どおりデバイスを使用できます。このため、デバイスをキオスクモードのみで使用できるようにするには、少なくとも「「ホーム」ボタンの使用を許可する」および「タスクマネージャーを許可する」をオフにしてください。

Enterprise API レベル 9 以降が搭載されている Sony デバイスの場合、「音量を上げることを許可する」、「音量を下げることを許可する」、「音量をミュートにすることを許可する」のいずれかの選択を解除すると、ボリュームボタンはすべてオフになります。