キオスクモードの設定 (Windows ポリシー)

キオスクモードの設定では、Windows コンピュータをキオスクモードで実行できるように設定します

キオスクモードでは、単一のアプリ (キオスクアプリ) のみ実行することができます。キオスクモードは、キオスクモードに関連付けられているユーザー (キオスクユーザー) がログインすると有効になります。

注: デフォルトで、コンピュータを再起動した後、キオスクモードは解除されません。この設定を変更するには、キオスクユーザーのアカウントでコンピュータにログインし、「設定 > アカウント > サインインオプション」を開き、「更新後にサインイン情報を使ってデバイスのセットアップを自動的に完了します」を無効にします。

設定

説明

ユーザーアカウント

キオスクモードに関連付けられているユーザー (キオスクユーザー)。

フォーマット:

<コンピュータ名>\<ユーザー名> (ローカルアカウント)

<ドメイン名>\<ユーザー名> (ドメインアカウント)

すべてのドメインにおいて他に同じユーザー名が存在しない場合は、<ドメイン名>の部分は省略できます。

アプリの AUMID

キオスクモードが有効になると起動するアプリ (キオスクアプリ) の AUMID (Application User Model ID)。

AUMID の値を取得する方法については、マイクロソフト社のドキュメント「インストールされているアプリの Application User Model ID を確認する」(英語) を参照してください。