Wi-Fi の設定 (macOS ユーザーポリシー)

Wi-Fi」の設定は、Wi-Fi ネットワークに接続するための設定を指定します。

設定

説明

SSID

Wi-Fi ネットワークの名前。

自動接続

Wi-Fi ネットワークが利用可能な場合、自動的に接続します。

非公開ネットワーク

Wi-Fi ネットワークは SSID をブロードキャストしません。

セキュリティの種類

Wi-Fi ネットワークのセキュリティの種類。

パスワード

Wi-Fi ネットワークのパスワード。

このオプションは、セキュリティの種類として「パーソナル」を選択した場合に使用できます。

プロトコル

認証プロトコルの設定。

  • 受け入れた EAP の種類: 認証に使用できる EAP の種類。
  • EAP-FAST: EAP-FAST の場合、PAC (Protected Access Credential) を設定できます。
  • 内部 ID: トンネル上のユーザー認証のプロトコル (TTLS の場合)。
  • TLS の最低バージョンTLS の最高バージョン: EAP 認証で許可される TLS の最小バージョンと最大バージョン。

プロトコル」は、セキュリティの種類として「エンタープライズ」を選択した場合に使用できます。

認証

クライアント認証の設定。

  • ユーザー: Wi-Fi ネットワークに接続するためのユーザー名。
  • 接続ごとにパスワードを要求: 認証するたびにパスワードを送信する場合に選択します。
  • パスワード: Wi-Fi ネットワークのパスワード。
  • 固有名証明書: Wi-Fi ネットワークに接続するための証明書。証明書を選択する前に、それを「クライアント証明書」の設定でポリシーに追加する必要があります。
  • 外部 ID: 外部に公開されている ID (TTLS、PEAP、EAP-FAST の場合)。

認証」は、セキュリティの種類として「エンタープライズ」を選択した場合に使用できます。

信頼できる証明書

サーバー証明書。

証明書を選択する前に、それを「ルート証明書」の設定でポリシーに追加する必要があります。

信頼できる証明書」は、セキュリティの種類として「エンタープライズ」を選択した場合に使用できます。

プロキシ

手動」を選択して、接続の詳細を手動で設定します。

プロキシ自動設定ファイル (PAC) がある場合は、「自動」を選択します。