DEP プロファイルの設定 (iOS)

全般設定

設定

説明

名前

DEP プロファイルの名前。

説明

DEP プロファイルの概略 (任意)。

デバイスグループ

Sophos Mobile への登録時にデバイスが追加される追加先のデバイスグループを選択します。

デバイスのグループの詳細は、デバイスグループを参照してください。

デバイスを管理しやすくするために、DEP デバイス用のグループを別途作成することを推奨します。

タスクバンドル

Sophos Mobile への登録時にデバイスに配信するタスクバンドルを選択します。

このリストには、登録タスクを含まないタスクバンドルがすべて含まれています。

タスクバンドルの詳細は、タスクバンドルを参照してください。

登録

設定

説明

ユーザーによる MDM ポリシーの削除

ユーザーインターフェースから Sophos Mobile の登録プロファイルを削除することをユーザーに許可します。

監視対象デバイスに対してのみ、このオプションの選択を外せます。

SMC アプリのインストール

デバイスに Sophos Mobile Control アプリをインストールします。

このオプションを有効にする場合は、「iOS 設定」タブにある「Apple ID」オプションを無効にする必要があります。これによって、Sophos Mobile が App Store から SMC アプリをインストールできるようになります。

一方、Apple Volume Purchase Program (VPP) に登録済みの場合は、デバイスに Apple ID を関連付けていない場合でも、Sophos Mobile アプリを VPP アプリとしてインストールすることができます。デバイスの状態は「管理状態にある」である必要があります。詳細は、VPP アプリの自動割り当てを参照してください。

ユーザーによる MDM ポリシーの割り当てのスキップ

ユーザーに Sophos Mobile の登録プロファイルの設定ステップをスキップすることを許可します。

ユーザーのデバイスへの割り当て

Sophos Mobile への登録処理中、ユーザーはセルフサービス ポータルのログイン情報の入力を求められ、デバイスへ割り当てられます。

ユーザーを自動的にデバイスに割り当てる場合、このオプションを使用します。

iOS 設定

iOS 設定」タブで、デバイスの電源をはじめて入れたときに起動する、設定アシスタントの設定ステップを無効にします。

注: この設定は、設定アシスタントのみに適用されます。設定ステップを無効化しても、ユーザーは後から関連するオプションを有効にすることができます。完全に機能を無効化するには、「制限」設定を使用してください。詳細は、制限の設定 (iOS デバイスポリシー)を参照してください。

設定

説明

Apple ID

Apple ID の設定をスキップします。ユーザーは、Apple ID で Apple のサービスにアクセスできなくなります。

Apple Pay

Apple Pay の設定をスキップします。ユーザーは、クレジット/デビットカード情報を登録して、ストアやアプリ内で Apple Pay を使って支払うことができなくなります。

位置情報サービス

位置情報サービスの設定をスキップします。位置情報サービスが無効になります。

利用規約

利用規約」ページをスキップします。

キーボードのレイアウト

キーボードのレイアウトの設定をスキップします。

プライバシー

データとプライバシー」アイコンについて説明しているページをスキップします。

新機能

iOS の新機能について説明しているページをスキップします。

バックアップから復元する

iCloud や iTunes のバックアップからのデータ復旧、または Android デバイスからのデータ転送をスキップします。

「Android からデータを移行」を無効化

Android デバイスからデータを転送するオプションが利用できなくなります。

パスコード

デバイスをロック解除するためのパスコードの作成をスキップします。

拡大表示

拡大表示 (アイコン、テキスト、ボタンなどを大きく表示) の設定をスキップします。

「ホーム」ボタンの感度

iPhone 7 以降に対するホームボタンの振動の設定 (仮想ホームボタンを押したときの振動の強さの設定) をスキップします。

モバイル通信プラン

モバイルデータ通信のプランの設定をスキップします。

スクリーンタイム

スクリーンタイム (デバイスの利用時間の確認と制限) の設定をスキップします。

診断

診断の設定をスキップします。診断と使用状況のデータが Apple に送信されなくなります。

Touch ID&Face ID

Touch ID と Face ID の設定をスキップします。ユーザーは、パスコードの代わりに生体認証を設定できません。

Siri

Siri の設定をスキップします。Siri が無効になります。

Apple Watch の切り替え

iCloud または iTunes のバックアップからの Apple Watch のデータの復元をスキップします。

True Tone

True Tone (周囲の照明に応じてディスプレイの色を自動的に調整)の有効化をスキップします。

iMessage と FaceTime

iMessage と FaceTime の有効化をスキップします。

iOS のアップデート情報

iOS アップデートが自動的にインストールされることをユーザーに通知するページをスキップします。

サポート情報

設定

説明

部署

プロファイルに関連する部署名や場所の名前。

ここに入力する情報は、デバイスのセットアップ中に「構成について」をクリックすると、表示されます。

電話番号

社内サポートの問い合わせ先電話番号。

この入力欄には、テクニカルサポートの問い合わせ先情報の電話番号が取り込まれます。詳細は、IT 問い合わせ情報の設定を参照してください。

ここに入力する電話番号は、DEP プロファイル内に保存されますが、デバイスのユーザーには表示されません。

メール

社内サポートの問い合わせ先メールアドレス。

この入力欄には、テクニカルサポートの問い合わせ先情報のメールアドレスが取り込まれます。詳細は、IT 問い合わせ情報の設定を参照してください。

ここに入力するメールアドレスは、DEP プロファイル内に保存されますが、デバイスのユーザーには表示されません。

USB ペアリング

USB ペアリング」タブで、iOS DEP デバイスの USB ペアリングを、特定の Mac のみに制限できます。USB ペアリングは、デバイスを iTunes または Apple Configurator に接続する際に必要です。

設定

説明

すべてのホストとの USB ペアリングを許可

チェックボックスを選択すると、デバイスを どのコンピュータともペアリングできます。

チェックボックスの選択を解除すると、デバイス監視用に設定した Mac のみとデバイスをペアリングできます。デバイスを Windows コンピュータとペアリングすることはできません。

ホスト証明書のアップロード

監視識別情報の証明書をアップロードします。

鍵チェーンに証明書が含まれているすべての Mac でデバイスを監視できます。

証明書は複数アップロードできます。

注:すべてのホストとの USB ペアリングを許可」の選択を解除し、証明書をアップロードしない場合、デバイスを iTunes または Apple Configurator に接続することはできません。