業務ドキュメントの追加

注: この機能を使用するには、Mobile Advanced という種類のライセンスが必要です。

ドキュメントをデバイスに配信する方法は次のとおりです。

  1. サイドバーのメニューで、「デバイス設定」の下の「ドキュメント」をクリックします。
    ドキュメント」ページが表示されます。
  2. ドキュメントの追加」をクリックします。
    ドキュメントの編集」ページが表示されます。
  3. カテゴリ」フィールドに、デバイスの「社内ストレージ」エリアにドキュメントを表示する際のカテゴリを入力します。
    このフィールドを空白のままにすると、ファイルは「社内ストレージ」のルートフォルダに表示されます。
  4. 各ドキュメントに対して次の項目を定義します。
    • ユーザーがドキュメントのコピーをクリップボードへコピーすることを許可する場合は、「クリップボードへコピー」を選択します。
    • ユーザーがドキュメントを共有することを許可する場合は、「ドキュメントの共有」を選択します。
    • ユーザーがドキュメントを「お気に入り」リストに追加することを許可する場合は、「ドキュメントをオフラインで使用」を選択します。

      社内ストレージ」の暗号化されていないドキュメントが「お気に入り」リストに追加されると、暗号化されたコピーがローカルに保存されます。ドキュメントの共有が許可されている場合、ファイルは、自動的に復号化されてから他のアプリに転送されます。「ドキュメントをオフラインで使用」チェックボックスの選択を解除すると、次回同期が行われる際、ローカルコピーは自動的に削除されます。

  5. 割り当て済みグループ」の横にある「表示」をクリックして、ドキュメントへのアクセスを許可するグループを選択します。
  6. ドキュメントの説明を入力します。
  7. ファイルのアップロード」をクリックして、ドキュメントを参照します。選択して、「開く」をクリックします。
  8. 配信する各ドキュメントに対してこの操作を繰り返します。
ドキュメントは、ドキュメントの一覧に追加されます。ドキュメントはユーザーに配信され、ユーザーは Sophos Secure Workspace アプリでそれを表示することができます。