iPhone および iPad の自動登録

デバイスを有効化する際に、iPhone および iPad が Sophos Mobile に自動登録されるように設定できます。

これには、Apple Configurator 2 を使用して、デバイスを Sophos Mobile MDM サーバーに関連付けます。ユーザーがデバイスの電源をはじめて入れると、設定アシスタントが起動します。設定時に、デバイスは Sophos Mobile に自動登録されます。

注: 自動登録を実行するには、デバイスをアクティベートするユーザーが Sophos Central Self Service ポータルに登録済みである必要があります。
注: Apple Configurator 2 の詳細は、Apple Configurator 2 ユーザーガイド (外部リンク) を参照してください。

iPhone および iPad の Sophos Mobile への自動登録を設定する方法は次のとおりです。

  1. 自動登録の準備をするための 1回限りの手順として、Sophos Mobile への自動登録時にデバイスに割り当てるデバイスグループを作成します。デバイスグループのプロパティで、「iOS の自動登録を有効にする」オプションを選択します。詳細は、デバイスグループの作成を参照してください。
  2. デバイスグループの「自動登録の URL」フィールドに表示される URL をメモします。
    この URL は、Apple Configurator 2 でデバイスを設定する際に必要となります。
  3. Apple Configurator 2 がインストールされている Mac の USB ポートに、自動登録するデバイスを接続します。
  4. Apple Configurator 2 の準備アシスタントを使用してデバイスの構成を設定します。
  5. 手動登録」を選択して、デバイスグループの自動登録の URL を入力します。
  6. 準備アシスタントの手順に従います。任意で、次のデバイスの有効化オプションを設定することもできます。
    • デバイスの監視モードを有効化する。
    • USB ポートを使用して、デバイスを接続できるホストコンピュータを設定する。
    • 監視対象デバイスの場合、「監視識別情報」を生成または選択する。
    • 設定アシスタントの設定手順を無効化する。

設定が完了したら、デバイスをユーザーに配布します。ユーザーがデバイスの電源をはじめて入れると、設定内容に応じて、設定と Sophos Mobile の登録が実行されます。

ヒント: デフォルトで Sophos Mobile は、デバイス ID とデバイスの種類から作成された名前を使って、自動登録されたデバイスを管理します。また、Sophos Mobile は、デバイス上で設定された名前を使用することもできます。iPhone および iPad の設定の「デバイス名の同期」オプションを参照してください。