Sophos Chrome Security の自動登録の設定

G Suite アカウントをお持ちの場合は、G Suite ユーザーが Chrome デバイスにサインインしたときに、Sophos Mobile に自動的に登録されるように Sophos Chrome Security 拡張を設定できます。

Sophos Chrome Security 自動登録を設定する方法は次のとおりです。

  1. サイドバーのメニューの「設定」の下の「セットアップ > Chrome OS セットアップ」を選択し、「G Suite」タブを選択します。
  2. 接続コードの生成」を選択します。
  3. 次の設定を行います。
    オプション説明

    所有者

    デバイスが組織によって所有されているか (会社)、所有されていないか (個人) を選択します。

    デバイスグループ

    デバイスが所属している Sophos Mobile のデバイスグループ。

    Chrome Security ポリシー

    任意: 登録後に拡張に割り当てられる Chrome Security ポリシー。

  4. 保存」をクリックします。
  5. 接続コード」の横の「コピー」を選択し、値をクリップボードにコピーします。
  6. 接続コードを含むテキストファイルを作成します。

Google 管理コンソールで残りの手順を実行します。

  1. G Suite アカウントで Google 管理コンソールにサインインします。
  2. 端末管理 > Chrome 管理 > アプリの管理」に移動します。
  3. Sophos Chrome Security」を選択した後、「ユーザー設定」を選択します。
  4. 組織単位を選択します。
    Sophos Chrome Security の自動登録は、該当する組織単位に所属するユーザーのみが利用できます。
  5. インストールを許可」、「強制的にインストール」、および「タスクバーに固定」をオンにします。
  6. 設定」で、「上書き」を選択します。
  7. 設定ファイルのアップロード」を選択し、準備した接続コードを使用してファイルをアップロードします。
  8. 設定を保存します。
ユーザーが G Suite アカウントを使用して Chrome デバイスにサインインすると、Sophos Chrome Security が自動的にインストールされ、Sophos Mobile に登録されます。拡張は、Sophos Mobile Admin の「すべてのデバイス」ページから管理することができます。
必要に応じて、接続コードを無効にして今後行われる登録をブロックできます。既に登録されている Sophos Chrome Security 拡張は影響を受けません。