デバイスの登録解除

買い替えなどで使わなくなったデバイスの登録を解除することができます。この機能は、ユーザーがSophos Central Self Service Portalで登録できるデバイスの数に制限がある場合に便利です。

  1. サイドバーのメニューで、「管理」の下の「デバイス」をクリックします。
  2. 登録するデバイスを選択して「アクション」をクリックした後、「登録解除」をクリックします。

    デバイスの登録を解除することを確認するメッセージが表示されます。

    注: 同時に複数のデバイスを選択して、登録解除することもできます。
  3. はい」をクリックします。
デバイスの登録が解除されます。この操作の結果は次のとおりです。
  • Android デバイス:
    • Sophos Mobile Control のデバイス管理機能が無効化されます。
    • サーバーへのログインデータや、受信した他のデータすべてが削除されます。
    • コンテナアプリ (Sophos Secure Workspace および Sophos Secure Email)および Sophos Intercept X for Mobile はリセットされます。
  • iPhone および iPad:
    • すべてのポリシーが削除されます。
    • すべての管理対象アプリがアンインストールされます。
    • モバイルデバイス管理 (MDM) から受信した証明書はすべて削除されます。
    • コンテナアプリ (Sophos Secure Workspace および Sophos Secure Email)および Sophos Intercept X for Mobile はリセットされます。
  • Mac:
    • すべてのポリシーが削除されます。
    • モバイルデバイス管理 (MDM) から受信した証明書はすべて削除されます。
注:
  • ユーザーが、Android デバイスで Sophos Mobile Control のデバイス管理者権限を無効にした場合、Sophos Mobile Control アプリによってデバイスの登録が解除されます。
  • ビジネス向け Android のフル マネージド デバイスの登録を解除するには、デバイスをワイプする必要があります。
  • 「ビジネス向け Google Play アカウント」シナリオに沿ってビジネス向け Android を設定した場合は、ユーザーが登録できるデバイスの台数には上限があります。状況によっては、登録解除をした後もデバイスに Google アカウントが残り、登録されているデバイスとしてみなされることがあります。このような場合は、手動でデバイスから Google アカウントを削除してください。