サードパーティの EMM ソフトウェアでの Sophos Intercept X for Mobile の使用

サードパーティの EMM (Enterprise Mobility Management) プログラムに登録されているデバイス上の Sophos Intercept X for Mobile を管理することができます。

Sophos Mobile で、登録の詳細を含む接続コードを生成します。

サードパーティの EMM プログラムで、この接続コード、および Sophos Intercept X for Mobile の管理型設定の他のオプションを入力します。サードパーティの EMM プログラムがアプリをインストールすると、そのアプリは自動的に Sophos Mobile に登録されます。

注: Android の場合、ビジネス向け Android モードでデバイスを登録する必要があります。
  1. サイドバーのメニューの「設定」の下の「セットアップ > Sophos セットアップ」を選択し、「サードパーティの EMM」タブを選択します。
  2. 接続コードの生成」を選択します。

    このコードには、Sophos Mobile に登録するために、Sophos Intercept X for Mobile で必要となる情報が含まれています。

  3. 次の設定を行います。
    設定説明

    所有者

    デバイスが組織によって所有されているか (会社)、所有されていないか (個人) を選択します。

    デバイスグループ

    デバイスが所属している Sophos Mobile のデバイスグループ。

    Mobile Threat Defense ポリシー (Android)

    任意: Android デバイス上の Sophos Intercept X for MobileSophos Mobile ポリシー。

    Mobile Threat Defense ポリシー (iOS)

    任意: iPhone および iPad 上の Sophos Intercept X for MobileSophos Mobile ポリシー。

  4. 保存」をクリックします。
  5. 接続コード」の横の「コピー」を選択し、値をクリップボードにコピーします。
    サードパーティの EMM プログラムを設定するには、接続コードが必要です。
  6. Sophos Intercept X for Mobile をサードパーティの EMM プログラムに追加します。
  7. サードパーティの EMM プログラムで、アプリの管理型設定を編集します。

    Android アプリの場合、設定が表示されるので、その値を入力します。

    iOS アプリの場合、各設定の名前、種類 (文字列またはブール値)、およびその値を入力する必要があります。

    表 1. Sophos Intercept X for Mobile Android アプリの設定

    設定

    説明

    メール

    任意: Sophos Mobile のデバイスに割り当てるユーザーのメールアドレス。

    接続コード

    Sophos Mobile からコピーした接続コード。

    デバイス ID

    サードパーティの EMM アプリケーションで使用されるデバイスの一意の識別子。この値は、Sophos Mobile で作成されたデバイスをサードパーティの EMM プログラムのデバイスとリンクさせるために使用されます。

    Device name

    任意: サードパーティの EMM プログラムで使用される一意のデバイス名。

    EULA が無効です

    任意: アプリの起動時にエンドユーザー使用許諾契約書 (EULA) は表示されません。

    Microsoft Intune への接続

    任意: アプリは、Intune 接続ウィザードを自動的に起動します。

    表 2. Sophos Intercept X for Mobile iOS アプリの設定

    設定

    説明

    email

    (文字列)

    任意: Sophos Mobile のデバイスに割り当てるユーザーのメールアドレス。

    smcData

    (文字列)

    Sophos Mobile からコピーした接続コード。

    deviceId

    (文字列)

    サードパーティの EMM アプリケーションで使用されるデバイスの一意の識別子。この値は、Sophos Mobile で作成されたデバイスをサードパーティの EMM プログラムのデバイスとリンクさせるために使用されます。

    deviceName

    (文字列)

    任意: サードパーティの EMM プログラムで使用される一意のデバイス名。

    macAddress

    (文字列)

    任意: デバイスの MAC アドレス。この値は、Sophos Wireless Access Point に接続する際に、デバイスを識別するために使用されます。

    Synchronized Security を利用するのに必要です。

    eulaDisabled

    (ブール値)

    任意: アプリの起動時にエンドユーザー使用許諾契約書 (EULA) は表示されません。

    startIntuneConnection

    (ブール値)

    任意: アプリは、Intune 接続ウィザードを自動的に起動します。

    管理型設定の編集方法の詳細は、サードパーティの EMM プログラムの製品ドキュメントを参照してください。

    ヒント: サードパーティの EMM プログラムでサポートされている場合は、プレースホルダを使用してデバイスとユーザーのプロパティを指定することを推奨します。
  8. サードパーティの EMM プログラムを使用して Sophos Intercept X for Mobile をインストールします。
インストール後の初回起動時に、Sophos Intercept X for MobileSophos Mobile に登録されます。アプリは、Sophos Mobile Admin の「すべてのデバイス」ページから管理することができます。
必要に応じて、接続コードを無効にして他のアプリの登録をブロックできます。