QR コード登録の設定

QR コードを作成し、デバイスを登録するために必要なオプションを設定する必要があります。

前提条件:

QR コードによる登録のタスクバンドルを作成済みである必要があります。タスクバンドルには、ビジネス向け Android デバイスポリシー用の「ポリシーの割り当て」タスクが含まれている必要があり、「登録」タスクは含まれていない必要があります。

QR コード登録を設定する方法は次のとおりです。

  1. サイドバーのメニューの「設定」の下の「セットアップ > Android セットアップ」を選択し、「QR コードによる登録」タブを選択します。
  2. ビジネス向け Android の QR コードの登録の設定」を選択します。
  3. QR コードの設定」で、デバイスセットアップの設定を行います。
    • システムアプリの有効化: ビジネス向け Android のフル マネージド デバイスでは、ランチャーアイコンのシステムアプリはデフォルトで無効になっています。すべてのシステムアプリを有効にするには、この設定を選択します。
    • 言語: Android のユーザーインターフェース言語。
    • Wi-Fi の設定: Wi-Fi 接続のセキュリティの種類を選択するか、「Wi-Fi を設定しない」を選択して QR コードでネットワークを設定しないことを指定します。この場合、ユーザーはデバイスの設定時に、手動で Wi-Fi ネットワークに接続する必要があります。
    • Wi-Fi の SSID: Wi-Fi ネットワークの ID。
    • SSID は非表示になります: Wi-Fi ネットワークが非表示になっている場合は、これを選択します。
    • Wi-Fi のパスワード: Wi-Fi ネットワークのパスワード。

    Wi-Fi ネットワークが利用可能な場合、デバイスはそれに自動的に接続します。

  4. 登録の設定」で、Sophos Mobile がデバイスを管理する方法を設定します。
    • タスクバンドル: デバイスに配信されるタスクバンドル。
    • デバイスグループ: デバイスが所属しているデバイスグループ。

QR コードが「QR コードによる登録」タブに表示されます。これを印刷して、Sophos Mobile Admin へのアクセスなしで使用することもできます。

注:
  • 1つの QR コードですべてのデバイスを登録することができます。
  • QR コードを無効にして、今後行われる登録を阻止することができます。新しいコードを作成した場合も、既存のコードは無効化されます。