Android デバイス用のタスクバンドルの作成

管理する Android、iOS、およびその他のデバイスプラットフォームに対して、それぞれ個別のタスクバンドルを作成します。

Android デバイス用の登録タスクバンドルを作成する方法は次のとおりです。
  1. サイドバーのメニューの「デバイス設定」で、「タスクバンドル > Android」を選択します。
  2. タスクバンドル」ページで、「タスクバンドルの作成」を選択します。
  3. タスクバンドルの編集」ページで、タスクバンドルの名前、および任意でタスクバンドルの説明を入力します。

    バージョン番号は、タスクバンドルを保存するたびに自動で増えていきます。

  4. オプション 違反時にアクションの選択が可能」を選択した場合、ポリシーに違反したデバイスにタスクバンドルを転送することができます。

    これは、コンプライアンスポリシーで行います。

  5. タスクの追加 > 登録」を選択します。タスクバンドルに登録タスクを追加する手順が表示されます。
    1. オプション タスクの名前を変更します。

      ユーザーがデバイスを登録する際に、その名前が Sophos Central Self Service Portal に表示されます。

    2. 登録タイプを選択します。

      このタスクバンドルを使用して、ビジネス向け Android のフル マネージド デバイスを登録するには「フルデバイス」を選択します。

    3. 次のページで、登録後にデバイスに割り当てるポリシーを選択します。

      選択した登録タイプと一致するポリシーのみが表示されます。

    4. 完了」を選択します。
  6. オプション Exchange、VPN、または Wi-Fi 設定に対して、それぞれ異なるポリシーを設定した場合などは、「タスクの追加 > ポリシーの割り当て」を選択して、タスクバンドルにさらにポリシーを追加します。
  7. オプション アプリをインストールしたり、デバイスにメッセージを表示したりする場合は、タスクバンドルにさらにタスクを追加します。
    Android のタスクとビジネス向け Android のタスクを同一のタスクバンドルに追加することはできません。
  8. オプション 選択したタスクがインストールされる順序は、タスクのリストの右側にある矢印を使って変更できます。