デフォルトポリシー

各機能には、デフォルトポリシーがあります。このポリシーはあらかじめ製品に用意されているもので、すべてのユーザー (およびデバイス) またはサーバーに最初に適用されます。

これまでポリシーを使用したことがない場合は、このページを読み、デフォルトポリシーがどのように適用されるかを確認してください。

ポリシーとは?

ポリシーは、ユーザー、デバイス、またはサーバーを保護するために、Sophos Central で適用するセキュリティ設定の集まりです。

各製品、または製品に含まれる各機能に対してポリシーがあります (例: アプリケーションコントロール機能用のポリシー)。

ユーザー、デバイス、およびサーバーには、別々のポリシーが適用されます。

グローバル デフォルト ポリシーとは?

脅威対策など一部の機能のデフォルトポリシーは、ソフォスが推奨する設定で構成されています。デフォルトポリシーは、変更の必要がなければ、そのまま使用することもできます。

アプリケーションコントロールや周辺機器コントロールなど、使用しているネットワークに応じて設定することが多い機能は、機能を設定する際にポリシーを編集する必要があります。

デフォルトポリシーは、いつでも利用することができ、デフォルト以外のポリシーが有効になっていない場合に適用されます。

デフォルトポリシーを無効化したり削除したりすることはできません。

グローバル デフォルト ポリシーに含まれる設定

グローバル デフォルト ポリシーを使用して次のことができます。

  • 顧客のデフォルトポリシーの設定を行う。
  • ポリシーを割り当てる顧客を指定する。この設定にはグローバルテンプレートを使用します。
制約事項 顧客は、ここで表示されるいずれのデフォルトポリシーも変更できません。

グローバル デフォルト ポリシーに設定できるデフォルトポリシーは?

メールセキュリティに対応するデフォルトポリシーを設定できます。

デバイス暗号化に対応するデフォルトポリシーを設定できます。

エンドポイントプロテクションのデフォルトポリシーを設定できます。

サーバープロテクションのデフォルトポリシーを設定できます。