インストーラのコマンドラインオプション: Windows

Windows 用の Sophos Central Endpoint のインストーラで利用可能なコマンドラインオプションは次のとおりです。

コマンドラインオプション

アップデートキャッシュからのインストール用のコマンドラインオプションはありません。インストーラは、Sophos Central アカウントで設定済みのアップデートキャッシュすべてへの接続を自動的に評価し、そこからインストールを行います。

オプション

使用例

説明

引数

非表示

--quiet

ユーザーインターフェースを表示せずにインストーラを実行します。

プロキシ検出なし

--noproxydetection

プロキシの自動検出を行いません。

他社製品の削除なし

--nocompetitorremoval

競合他社の製品を自動的に削除しません。(Sophos Anti-Virus のインストールの場合のみ。)

言語

--language=<言語 ID>

インストーラの言語を手動で設定できます。デフォルトで、インストーラはシステム言語を使用します。

言語 ID

グループ

--devicegroup=<Central グループ>

--devicegroup=<Central グループ>\<Central サブグループ>

エンドポイントが参加する Sophos Central デバイスグループを指定します。

このオプションを使用して、サブグループにデバイスを追加することもできます。

参加するグループまたはサブグループ。存在しない場合は作成されます。

CRT カタログへのパス

--crtcatalogpath=<CRT カタログへのパス>

削除する競合他社の製品の独自のカタログを指定できます。

カタログフォルダへのフルパスとファイル名例:

--crtcatalogpath=C:\catalog\productcatalog.xml.

メッセージリレー

--messagerelays=<コンマ区切りの、ポートを含むメッセージリレーの IP の一覧>

使用するメッセージリレーの一覧を指定します。

メッセージリレーの IP アドレスをポート 8190 と共に指定する必要があります。例:

--messagerelays=IPADDRESS:8190

登録サーバー

--epinstallerserver <登録サーバーの URL>

接続先の MCS サーバーを指定します。

MCS サーバー URL。

プロキシアドレス

--proxyaddress=<カスタム プロキシ アドレス>

使用するカスタムプロキシを指定します。

プロトコルなしの URL (HTTPS を使用)

プロキシユーザー名

--proxyusername=<カスタムプロキシのユーザー名>

カスタムプロキシが指定されている場合、このオプションでユーザー名を指定します。

プロキシのユーザー名。

プロキシパスワード

--proxypassword=<カスタムプロキシのパスワード>

カスタムプロキシとユーザー名が指定されている場合、このオプションでパスワードを指定します。

プロキシのパスワード。

コンピュータ名の上書き

--computernameoverride=<コンピュータ名の上書き>

Sophos Central で使用されるコンピュータ名を上書きします。

カスタム コンピュータ名。

ドメイン名の上書き

--domainnameoverride=<ドメインの上書き>

Sophos Central で使用されるコンピュータのドメイン名を上書きします。

カスタム ドメイン名。

顧客トークン

--customertoken=<顧客トークン>

エンドポイントを関連付ける Sophos Central 顧客のトークンを指定します。

顧客をマッピングする UUID。

インストールする製品

--products=<コンマで区切られた製品の一覧>

インストールする製品の一覧を指定します。ライセンスを持っていない製品を指定した場合、その製品はインストールされません。

コンマで区切りの、インストールする製品の一覧。

利用可能なオプション: antivirusinterceptmdrdeviceEncryption、または all

ローカル インストールソース

--localinstallsource=<インストールソースへのパス>

インストール時に使用するローカル インストールソースを指定します。これにより、インストーラファイルをダウンロードしなくてもインストールを実行できます。

ローカル インストールソースを作成する必要はありませんが、SophosLocalInstallSource フォルダを作成する必要があります。

空のフォルダがある場合には、初回インストール時にそのフォルダにインストールソースが生成されます。

キャッシュを事前にがコピー・生成する必要がある場合は、既にインストールされているエンドポイントから、またはアップデートキャッシュからファイルのコピーを取得できます。

%ProgramData%\Sophos\AutoUpdate\data\Warehouse

%ProgramData%\Sophos\UpdateCache\www\warehouse

ローカル インストールソースがコピー・生成されている場合でも、インターネットアクセスは必要であり、一部のファイルがインターネットからダウンロードされます。ダウンロードされるデータの量は、次のようなさまざまな要因によって異なります。

エンドポイントのプラットフォームが、既にコピー・生成されているファイルと異なるかどうか。

ローカル インストールソースがコピー・生成されてからウェアハウスに変更があるかどうか。

この例では、SomeContentWarehouse フォルダ内のファイルとフォルダを表します。

%ProgramData%\Sophos\AutoUpdate\data\Warehouse\SomeContent に移動します。

上記のパスを使用して作成します。

<共有またはリムーバブルロケーション>\SophosLocalInstallSource\SomeContent

このローカル インストールソースを使用してインストールするには、次のコマンドを実行します。

SophosSetup.exe --localinstallsource="<共有またはリムーバブルロケーション>"

メッセージのログ記録

--traillogging

インストール時のエンドポイントと Sophos Central 間のメッセージの内容のログ記録をオンにします。

インストール後、このオプションをオフにする必要があります。詳細は、Sophos Management Communication System (MCS) 診断用のメッセージトレイル機能を有効にするを参照してください。

登録のみ

--registeronly

既に Endpoint Protection がインストール済みのエンドポイントを再登録します。

Sophos Central でリージョンを移動する場合などに、この操作を実行できます。このオプションは、デバイスを 1つのアカウントから別のアカウントに移動する場合にも使用できます。間違った顧客に登録されているエンドポイントを、パートナーが正しい顧客に登録する場合にも使用できます。さらに、エンタープライズ管理者が、サブ管理サイト間でエンドポイントを移動する場合にも使用できます。

このコマンドを使用するには、エンドポイントでタンパープロテクションをオフにし、エンドポイントの移動先アカウントで、--registeronly を使用してインストーラを実行します。

Windows の例

ユーザーの操作なしで Sophos Anti-VirusIntercept X をインストール:

SophosSetup.exe --products=antivirus,intercept --quiet

プロキシを使用したインストール:

SophosSetup.exe --proxyaddress=<プロキシ IP/FQDN>:<ポート>

メッセージリレーを使用したインストール:

SophosSetup.exe --messagerelays=192.168.10.100:8190

サブグループへのインストール:

SophosSetup.exe --devicegroup=”Application Servers\Terminal Servers”

インストールされているサーバーを、“Application Servers“ グループの “Terminal Servers“ サブグループに配置します。名前にスペースが含まれているグループの場合は、引用符を使用する必要があります。

言語 ID

言語

ID

英語

1033

フランス語

1036

ドイツ語

1031

日本語

1041

スペイン語

1034

イタリア語

1040

ポーランド語

1045

ブラジルポルトガル語

1046

韓国語

1042

簡体中国語 (標準語)

2052

繁体中国語 (広東語)

3076

中国語 (香港)

3076

中国語 (マカオ)

3076

中国語 (シンガポール)

2052