ライセンスの変更

管理対象顧客が使用するライセンスを変更することができます。

ライセンスアシスタントで、選択した顧客が所有しているライセンスを表示することはできません。

ライセンスの変更は、選択したすべての顧客に適用されます。

選択したライセンスは、デフォルトで各コンピュータにインストールされます。このオプションは無効にすることもできます。

注意 エンドポイントライセンスおよびサーバーライセンスの両方を選択する必要があります。インストールしないライセンスについては、ライセンス料が請求されることはありません。たとえば、サーバー用ソフトウェアをインストールしない場合、サーバーライセンスは請求されません。

ライセンスをダウンロードする際、変更後のライセンスに含まれていないソフトウェアは自動的にアンインストールされます。

  1. 管理対象顧客の使用状況」で、ライセンス変更の対象にする管理対象顧客を選択し、「ライセンスの変更」をクリックします。
    これによってライセンスアシスタントが開きます。
  2. 変更するライセンスの種類を選択し、「次へ」をクリックします。
  3. 選択した顧客に対して使用する「エンドポイント」ライセンス、「サーバー」ライセンス、および「UEM (Unified Endpoint Management)」を選択します。顧客には、全種類のライセンスを適用することができます。

    ソフトウェアを顧客のコンピュータにインストールするかどうかを選択するようにしてください。

  4. 選択内容を確認し、問題ない場合は「保存」をクリックします。