Managed Threat Response の設定

管理対象顧客向けの Managed Threat Response のオプションを設定または編集できます。

Managed Threat Response (MTR) は、脅威について警告し、解決するためのサービスです。

MTR を使用するには、MTR を設定する必要があります。デフォルトでは、設定内容はすべての管理対象顧客に適用されます。

必要に応じて、特定の顧客向けに設定をカスタマイズできます。

MTR の設定

顧客の MTR 設定は、次のように設定または編集します。

  1. 設定とポリシー」を参照します。
  2. パートナーアカウントの設定」で、「Managed Threat Response (MTR) 設定」をクリックします。
    「設定とポリシー」ページ
  3. 承認済み担当者」タブで、MTR 通知を受け取り、Sophos MTR チームと連携する管理者の連絡先の詳細を入力します。アクティブな脅威発生時にソフォスは、担当者のいずれか 1人が応答するまで順番に連絡します。
    1. プライマリ」ドロップダウンメニューで、Sophos Central Partner 管理者のいずれかを選択します。
    2. 管理者の連絡先の詳細を入力します。
    3. オプション 第二連絡先」と「第三連絡先」の連絡先を入力します。

    少なくとも 1名の「プライマリ」の担当者を入力する必要があります。

    「承認済み担当者」タブ
  4. 脅威のレスポンス」タブをクリックして、ソフォスがアクティブな脅威に対応する方法を選択します。
    • 通知: ソフォスは脅威について担当者に通知し、問題を解決するために必要な詳細情報を送信します。
    • 共同対処: ソフォスは、お客様が指定した担当者と協力して脅威に対処します。担当者に連絡がつかない場合は、ソフォスが対処します。
    • 承認: ソフォスは、脅威の対処に必要なアクションを実行し、担当者に通知します。

    デフォルトは「通知」です。

    「脅威のレスポンス」タブ

MTR をはじめて設定する場合は、Sophos MTR エージェント (Endpoint Protection インストーラに含まれています) が顧客のコンピュータにインストールされていることを確認する必要があります。「導入」を参照してください。

設定のカスタマイズ

特定の顧客に対して、MTR のカスタム設定を行うことができます。
  1. 設定とポリシー > Managed Threat Response (MTR) 設定」を参照します。
  2. 設定のカスタマイズ」タブをクリックし、次の手順を実行します。
    1. 顧客を選択します。
    2. カスタマイズ」列で、設定を「はい」に変更します。
    3. 制御」列で「設定」をクリックします。

    これによって、Sophos Central Admin で顧客の MTR の設定が開き、編集できるようになります。


    「設定のカスタマイズ」タブ
  3. 顧客の「承認済み担当者」タブと「脅威のレスポンス」タブで、設定を入力します。