登録後に設定される内容

デバイスが Sophos Mobile に登録されると、デバイスにインストールされた設定プロファイルの内容に応じて、以下が設定されることがあります。

  • 新しいアプリケーションが追加されることがあります。
  • デバイスにインストールするアプリが、管理者によって指定されることがあります。アプリの確認とインストールを行うには、デバイスで Sophos Mobile Control アプリを開き、「アプリ」をタップします。詳細は、アプリのインストールを参照してください。
  • デバイス上のカメラ、YouTube、アプリストアなどのアプリケーションが利用できなくなることがあります。
  • 企業のメールサーバーに接続できるように、デバイスのメールアプリケーションがあらかじめ設定されることがあります。
  • デバイスが企業ポリシーに違反すると (ポリシーに準拠していないアプリがインストールされた場合など)、Sophos Mobile の通知アイコンが表示されます。Sophos Mobile Control アプリでは、すべての違反を表示できます。詳細は、コンプライアンス違反の表示と対処を参照してください。また、登録済みのデバイスで発生しているコンプライアンス違反をセルフサービス ポータルで表示することもできます。詳細は、コンプライアンス違反の表示 を参照してください。
  • 管理者がデバイス上の特定のアプリに対して、アプリのロックを設定した場合、設定後のアプリ初回起動時にパスワードを作成する必要があります。ここで設定するパスワードは、以後、対象のアプリを起動する際やデバイスがロックされた後に、毎回入力する必要があります。保護対象アプリは、Sophos Mobile Control アプリで表示できます。すべての保護対象アプリを一度にロックすることもできます。詳細は、保護対象アプリのロック を参照してください。
  • Sophos Mobile Control アプリでメールのパスワードを入力するようメッセージが表示されることがあります。
  • Samsung Knox 対応の Android デバイスの場合、Samsung Knox の使用許諾契約への同意するようメッセージが表示されることがあります。これは、ソフォスの MDM 機能をデバイスに登録するには必須です。Samsung Knox ライセンスは無料です。Knox Premium ライセンスは必要ありません。
  • Android デバイスの登録作業中に仕事用プロファイルを作成した場合、デバイス全体ではなく、このプロファイルのみが Sophos Mobile によって管理されます。個人のデータやアプリは制御されません。仕事用プロファイルの詳細は、ビジネス向け Android ヘルプ (外部リンク) を参照してください。
  • Sophos コンテナのみを登録した場合、Sophos Mobile は、個人のデータやアプリなど、Sophos コンテナ外のデータにはアクセスしません。
登録を解除した結果として、デバイスから設定が削除されると、すべてのデータ (メール、予定表の項目、連絡先) や追加された管理対象アプリも削除されます。