保護対象アプリのロック

このセクションの内容は、Android デバイスのみを対象にしています。

管理者がデバイス上の特定のアプリに対して、アプリのロックを設定した場合、設定後のアプリ初回起動時にパスワードを作成する必要があります。設定後、アプリはパスワードで保護されます。パスワードは、アプリを起動する際やデバイスがロックされた後に毎回入力する必要があります。保護対象アプリは、Sophos Mobile Control アプリで表示できます。すべての保護対象アプリを一度にロックすることもできます。この操作は、他の人にデバイスを貸す場合など、保護対象アプリが使用されないようにロックできるため便利です。

パスワードはセルフサービス ポータルでリセットできます。
  1. Sophos Mobile Control アプリのダッシュボードで「アプリのロック」をタップします。
    保護対象アプリ」の下に管理者が設定した保護対象アプリがすべて表示されます。
  2. 保護対象アプリのロック」をタップします。