その後の手順

ソフトウェアをより多くのデバイスやユーザーにロールアウトする場合は、そのプロセスを自動化することを推奨します。

ディレクトリサービスを使用した、ユーザーの追加と同期

Active Directory サービスや Azure Active Directory サービスから、Sophos Central にユーザーとユーザーグループを追加できます。

ソフォスの AD Sync および Azure AD Sync 機能を使用すると、ディレクトリサービスのユーザーと定期的に同期することで、Sophos Central のユーザーリストを最新の状態に保つことができます。

詳細は、ディレクトリサービスを参照してください。

ヒント ディレクトリサービスを使用していない場合でも、CSV ファイルからユーザーをインポートできます。詳細は、CSV ファイルからのユーザーのインポートを参照してください。

スクリプトを使用したソフトウェアのインストール

エンドポイントのインストーラやサーバーのインストーラは、コマンドラインから実行できます。

つまり、グループ ポリシー オブジェクト (GPO) やその他のスクリプト要素を使用して、複数のデバイスにソフトウェアをインストールできます。

インストーラはデバイス上にある必要があります。ネットワークリンクを介して実行しないでください。そうでない場合は、インストールアシスタントが実行されます。

手順については、エンドポイントプロテクションの導入手順にある、「スクリプトによるインストール」を参照してください。