コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-07-27

Windows デバイスの Azure への参加

次に、ZTNA エージェントをインストールして Azure に参加させる Windows 10 および Windows 11 コンピュータにアクセスします。アプリケーションサーバー (RDP、CIFS、SSH など) は、ZTNA エージェントと同じドメインに属している必要があります。

コンピュータを参加させるには、次の手順を実行します。

  1. コンピュータで、「設定 > アカウント > 職場または学校にアクセスする」に移動し、「接続」をクリックします。

    「職場または学校にアクセスする」ページ

  2. このデバイスを Azure Active Directory に参加させる」をクリックします。

    コンピュータの Azure への参加

  3. サインインページで、認証情報を入力してサインインします。

    「アクセスの設定」ページ

  4. コンピュータを再起動します。

  5. Azure AD ユーザー認証情報 (Azure AD への参加に使用する認証情報) を使用して、コンピューターにサインインします。

  6. その後、多要素認証と Windows Hello の PIN の設定を求めるメッセージが表示されます。

    Windows Hello のようこそページ

  7. 以後、ユーザーはサインインするたびに PIN の入力を求められます。

次に、Sophos ZTNA エージェントをインストールします。