コンテンツにスキップ

アカウントのアクティベートとソフトウェアの入手

ソフォスからの正規のメールを確認するには、do-not-reply@central.sophos.com によって送信されたメールを開きます。

アカウントをアクティベートしてセキュリティソフトウェアを入手するには、次の手順を実行します。

  1. Sophosからのようこそメールを開きます。
  2. メールで、「パスワードの作成」をクリックします。

    ソフォスのようこそメールのスクリーンショット。

  3. アカウントのアクティベーション」ページが表示されます。

    1. パスワードを作成します。
    2. Central Admin ポータル」の場所を選択します。データはこのリージョンに保存されます。

      これは、ソフォスパートナーによって既に選択されている可能性もあります。

    3. 使用許諾契約書を読んで、同意します。

    4. アカウントのアクティベーション」をクリックします。

    アカウントのアクティベーションページのスクリーンショット。

    追加の認証形式の設定を求めるメッセージが表示されます。

    「ログイン情報の設定」画面のスクリーンショット。

  4. 次へ」をクリックします。

  5. メールアドレスを確認し、セキュリティコードを入力する」ページで 、次の手順を実行します。

    1. たった今、メールアドレスに送信されたセキュリティコードを入力します。メールの件名は「セキュリティコード」です。
    2. メール認証に使用するための 6桁の PIN を作成します。
  6. 次へ」をクリックします。

  7. 認証方法を選択する」のページで、使用する認証の種類を選択します。

    このガイドでは、「SMS メッセージ」オプションの設定について説明します。この場合、サインインに使用するセキュリティコードが、ソフォスからテキストメッセージで送信されます。

    「認証方法を選択する」画面のスクリーンショット。

  8. 次へ」をクリックします。

  9. 「デバイスを確認する」画面で、 Sophos Central にサインインするためのセキュリティコードを入力する必要があります。コードは、たった今送信されたテキストメッセージに記載されています。コードを入力して、「完了」をクリックします。この操作は、サインインするたびに行う必要があります。

    「デバイスを確認する」画面のスクリーンショット。

  10. 製品を選択するためのポップアップが表示されます。このガイドでは、Endpoint Protection、Server Protection、および Intercept X の設定方法について説明します。Endpoint Protection をクリックして開始してください。

    ヒント

    このページは、「ヘルプ > 製品のセットアップ」の順に選択して、いつでも開くことができます (例: 別の製品を設定する場合など)。

    「製品のセットアップ」ポップアップのスクリーンショット。

  11. デバイスの保護」ページで、必要なセキュリティソフトウェアをダウンロードします。

    1. エンドポイントプロテクション」で、該当する OS 用のダウンロードリンクをクリックします。例: 「Windows 用インストーラのダウンロード」。

      この Windows インストーラは、エンドポイントコンピュータまたはサーバーで使用できます。

      Windows インストーラと macOS インストーラでは、標準的な脅威対策のほか、Intercept X がインストールされます。

    2. サーバープロテクション」で、該当するサーバー OS 用のダウンロードリンクをクリックします。

    「デバイスの保護」または「ダウンロード」ページのスクリーンショット。

  12. インストーラをデバイスにコピーします。