コンテンツにスキップ
ページの一部またはすべては機械翻訳されました。

ファイアウォールライセンスの使用開始

ファイアウォールライセンスの使用開始に関する一般的な質問への回答をご覧ください。

XGS Firewall 製品を購入した際に受け取る内容は?

お客様は購入したハードウェアと PDF のライセンスの別表 (License Schedule) を受け取ります。ライセンスの別表 (License Schedule) を受け取っていない場合は、購入先のリセラーにお問い合わせください。これは重要なドキュメントで、よくお読みいただき、必要な対応を行っていただいた上で、安全な場所に保管してください。

新しいライセンスプロセスの用語は何ですか?

以前にレガシーMySophosポータルでライセンスを管理していた場合は、ライセンスプロセスをSophos Centralに移行したときに一部の用語が変更されていることに気付くでしょう。"register"という用語は、MySophosではSophos Centralとは異なる意味を持っていた。

以前は、MySophosにファイアウォールを登録してライセンスと保証を開始していました。また、Sophos Centralにファイアウォールを登録して、同期セキュリティ機能、ファイアウォール管理、およびファイアウォールレポートを有効にします。

ここで、これら 2つのプロセスを区別していきます。

  • 「ファイアウォールの追加要求」は、ライセンスを適用する前の最初の必須ステップです。
  • その後、Sophos Central で利用可能な追加機能を利用する準備ができたら、いつでも Sophos Central に「ファイアウォールを登録」できます。

詳細については、「 Sophos CentralでのSophos Firewallライセンスと管理」を参照してください。

保証はいつ開始されますか?また、保証期間を延長するにはどうすればよいですか?

XGSシリーズハードウェアファイアウォールの基本保証期間は12ヶ月です。これは、ソフォスが関連チャネルパートナーからの注文を処理した日付から開始されます。標準保証期間の終了時に、有効なサポート契約が締結されている限り、保証期間が延長されます。

適用されるルールは次のとおりです。

  • 標準保証開始日:ソフォスがチャネルパートナーからの注文を処理した日付から開始します。

  • 延長保証(標準保証を超えた場合):有効なEnhancedまたはEnhanced Plusサポート契約を通じて提供されます。

  • 待機時間:製品のサポート契約の期限が切れていて、更新を購入する前に猶予期間も終了している場合は、お客様がRMAを請求できるようになるまで3か月の待機期間が適用されます。

  • 復職料:1回限りの復職料を支払うことで、待機期間を回避することができます。RED、AP、パッシブ XGS シリーズのハードウェアに対する保証を取得するには、接続しているファイアウォールデバイスに Enhanced Plus サポートが必要になります。

  • ファイアウォールの最初の設定時に登録をスキップしていた場合、フィアルウォールのローカルの Web Admin にログインするごとに登録を促されます。30日が経過すると登録を行わずにサインインすることができなくなります。

仮想ファイアウォール製品へのラインセンスの適用はどのように行われるのか?

仮想ファイアウォールライセンスは、使用するコアとRAMの最大数に基づいて制限されます。たとえば、SF SW/Virtual Xstream Protectionライセンスを購入する場合、仮想マシンには最大4つのコアと6 GBのRAMが必要です。基本ライセンスと必要なサブスクリプションを購入する必要があります。これらは‘Protect’ バンドルとしても購入可能で、‘Protect’ バンドルには基本ライセンスとサブスクリプションが含まれます。機能のサブスクリプションにおけるコア / RAM のサイズは、その機能の実行される仮想アプライアンスと一致する必要があります。

30日間の無償評価を使用して仮想ファイアウォールを設定していて、そのインストールに対してライセンスの購入が必要になった場合、発注を行う際にシリアル番号を記載しておく必要があります。シリアル番号を記載しなかった場合、新しいシリアル番号が生成されライセンスがその番号に対して付与されます。この場合には購入したライセンスをお客様がお持ちの無償評価版のシリアル番号に転送する必要があります。詳細は Sophos XG Firewall:

What high availability models are supported and how are they licensed?

Sophos XG Firewall ではアクティブ - アクティブ (クラスタ) とアクティブ - パッシブ (スタンバイ) モードをサポートしています。

  • アクティブな各ファイアウォールにライセンスが必要です。
  • アクティブ/アクティブモードでは、各ファイアウォールで同じサブスクリプションが実行されている必要がありますが、サブスクリプションの有効期限が一致する必要はありません。HAグループは、現在のアクティブなサブスクリプションが一致する限り、その場所に残ります。
  • アクティブ/パッシブハードウェアファイアウォールの場合は、各ファイアウォールを登録する必要があります。アクティブなファイアウォールだけがサブスクリプションを実行している必要があります。これは、パッシブファイアウォールとライセンスを共有するためです。
  • アクティブ/パッシブ仮想ファイアウォールの場合は、アクティブライセンスを購入するだけです。
  • アクティブ-パッシブモードの場合、アクティブファイアウォールにEnhanced SupportまたはEnhanced Plus Supportサブスクリプションがある場合は、パッシブファイアウォールもサポートされます。
  • アクティブ-パッシブモードでは、アクティブファイアウォールのEnhanced Plusサブスクリプションをお持ちの場合、保証対象のパッシブファイアウォールのRMA交換が提供されます。
  • MSP Flex のみ: パッシブアプライアンスの先出しセンドバックによるハードウェア交換を行うには、Xstream Protection ライセンスが必要です。
  • ハードウェアファイアウォールのアクティブ-パッシブモードの場合、ライセンスが適用されるファイアウォールであるため、アクティブファイアウォールを決定する必要があります。詳しくは、Sophos XG Firewall: HA の動作
デバイスの登録とライセンスの有効化には、どのポータルを使用すべきか?

Firewall Reporting は、ファイアウォールの Web 管理コンソールからオンにできます。

  • ファイアウォールを要求する
  • ライセンスキーのアクティベート

ファイアウォールを要求し、ファイアウォールのWeb管理コンソールから直接ライセンスキーをアクティブ化すると、すべての変更がSophos Centralとすぐに同期されます。

Sophos Centralから次の操作を実行できます。

  • ファイアウォールを要求する

    ソフォスSGシリーズアプライアンスをアップグレードする場合は、Web管理コンソールのライセンス画面を使用してファイアウォールを取得し、ライセンスを移行する必要があります。

  • ライセンスキーのアクティベート

  • Sophos Central アカウント間でファイアウォールを転送する
  • ファイアウォール間でのサブスクリプションの転送

デバイス上で実行されているライセンスを確認する方法は?

Web 管理コンソールで、「**管理 > ライセンス**」に移動します。  **[モジュールのサブスクリプションの詳細]に**、サブスクリプションのステータスを含むサブスクリプションのリストが表示されます。

ライセンスが古いと考えられる場合、「**同期**」ボタンを押してデバイス上のライセンスがソフォスのライセンスシステム上で保持されているものと同じものであることを確認します。

ファイアウォールライセンスの使用についてさらに質問がある場合は、最寄りのソフォス担当者にお問い合わせください。