コンテンツにスキップ

ダッシュボード

「ダッシュボード」は「Sophos Central」を開くと最初に表示されるページで、最も重要な情報が一目で把握できます。

次の領域から構成されています。

最近の警告

最近の警告」には、最も最近の警告が数件表示されます。「情報レベル」の警告は参考情報であるため、対処を要しません。

すべての警告の表示」をクリックすると、すべての警告が表示されます。

デバイスとユーザー: サマリー

デバイスとユーザー: サマリー」には、ユーザーまたは保護対象デバイスによる使用状況および保護の詳細が表示されます。また、保護されていないユーザーやデバイスの数も表示されます。

タブをクリックすると、ユーザーの情報やデバイスの種類ごとの情報が表示されます。

レポートの表示」をクリックすると、選択したタブの詳細なレポートが開きます。

メールセキュリティ

Sophos Gateway と Sophos Mailflow に接続しているドメインがある場合は、接続の種類ごとにパネルが表示されます。メッセージのカテゴリは、接続の種類に関係なく同じです。

メールセキュリティダッシュボードでは、インタラクティブなレポートが使用されます。期間を変更すると、メールダッシュボードのすべての領域がただちに更新されます。グラフで脅威カテゴリを選択または選択解除して、詳細情報を取得できます。

図をクリックして他のレポートに移動する際、ダッシュボードで選択した脅威の種類と期間を維持できます。

「統計」リボン

統計リボンのエントリをクリックすると、選択した期間内に検出された脅威と検索したメールの詳細を表示できます。「保護したメールボックス数」をクリックして、「ライセンスの使用状況のサマリー」に移動できます。

アクティビティのサマリー

受信メッセージの状況サマリー」には、次のメッセージカテゴリに関する情報が、可能な限り検索の実行順序に従って表示されます。

  • リアルタイムのブロックリストでブロック: ブロックされた送信 IP アドレスからのメッセージ。
  • 企業のブロックリストでブロック: エンタープライズブロックリスト (受信許可/ブロック) に登録済みのメールアドレスから送信されたメッセージ。
  • ウイルス: ウイルスを含むメッセージ。
  • スキャン不可能: 脅威検索できなかったメッセージ。
  • Intelix 脅威: SophosLabs の Intelix サービスによって脅威として検出されたメッセージ。
  • 悪意のある URL: 悪意のある URL リストにあるリンクを含むメッセージ。
  • 偽装: 偽装対策のチェックに失敗したメッセージ。
  • スパム: 既知のスパムの特徴を含むメッセージ。
  • バルクメール: ニュースレター、メーリングリスト、および他の形式の送信を要請済みのメール。
  • 認証エラー数: DMARC、SPF または DKIM による認証チェックに失敗したメッセージ。
  • DLP 違反: DLP (データ流出防止) ポリシーに違反したメッセージ。
  • 正規: 安全であると分類され、配信されたメッセージ。

送信メッセージの状況サマリー」には、次のメッセージカテゴリに関する情報が表示されます。可能な限り、検索が実行される順序は次のとおりです。

  • ウイルス: ウイルスを含むメッセージ。
  • スパム: スパムとして判断されたメッセージ。
  • DLP 違反: DLP (データ流出防止) ポリシーに違反したメッセージ。
  • セキュアメッセージ: TLS、S/MIME、またはプッシ暗号化や Portal Encryption によって保護されたメッセージ 。
  • 正規: 安全であると分類され、送信されたメッセージ。

矢印グラフの上にカーソルを置くと、各脅威カテゴリのメッセージ数を表示できます。

カテゴリの凡例をクリックして、選択または選択解除できます。矢印グラフが更新され、関連するカテゴリが表示または非表示になります。

レポートの表示」をクリックして、「メッセージのサマリー」レポートを開き、処理されたメッセージの詳細を確認できます。詳細は、メッセージの履歴レポートを参照してください。

また、脅威カテゴリをクリックして、ダッシュボードで選択した期間に関連した、そのカテゴリのメッセージのサマリーに移動することもできます。詳細は、メッセージのサマリーレポートを参照してください。

Web コントロール

Web コントロール」には、Web コントロール機能の統計データが表示されます。

表示される項目は、脅威ブロック数、ポリシー違反数、ポリシー警告数です。また、Web サイトにアクセスを試みた際に表示された警告を無視して続行したユーザーの数を示す、「ポリシー警告 - 続行数」という項目も表示されます。

データをクリックすると、詳細なレポートが開きます。

トップへ