コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-05-23

メールセキュリティポリシー

メールセキュリティ」ポリシーを使用して、メールボックスにセキュリティ設定を適用できます。

このオプションは、ライセンスに Sophos Email Security が含まれている場合のみに表示されます。

メールセキュリティはスパム対策機能を提供します。設定が済んでいない場合は、まず、「メールセキュリティ」を設定します。詳細は、メールセキュリティを参照してください。

メールセキュリティポリシーは、エンドポイントプロテクションポリシーやデバイス暗号化ポリシーなど、Sophos Central の他のポリシーに似ています。ポリシーの動作に関する一般的な情報は、ポリシーを参照してください。

ここでは、メールセキュリティポリシー特有の情報について説明しています。

カスタムのメールセキュリティポリシーを作成して、ユーザー、グループ、またはドメインに適用できます。

カスタムポリシーを配布リストやパブリックフォルダで使用することはできません。配布リストやパブリックフォルダでは、優先順位が最下位のデフォルトポリシーのみを使用できます。ポリシーの優先順位付けの詳細は、Noneを参照してください。

メールセキュリティポリシーを変更または追加するには、次の手順を実行します。

  1. メールセキュリティ > ポリシー」を参照して、セキュリティ設定を適用します。

    ポリシーの作成の一般的な詳細は、ポリシーの作成/編集を参照してください。

  2. メールセキュリティ」ポリシーを編集するか、「ポリシーの追加」をクリックして、カスタムポリシーを作成します。

  3. ポリシーの名前を入力します。
  4. ポリシーのユーザー、グループ、またはドメインを選択します。
  5. ポリシーの「設定」タブを開き、設定します。
  6. ポリシーが適用されていることを確認します。
  7. 保存」をクリックします。

プラスアドレス

Sophos Email Security は、Microsoft 365 (旧称: Office 365) および Google Gmail で利用可能な「プラスアドレス」に送信される悪意のあるメッセージから保護します。

通常の Gmail アドレス: test1234@example.com

プラス Gmail アドレス: accounts+test1234@example.com

プラスアドレスは、メールのエイリアスと同じように処理されます。

設定情報

ほとんどのメールポリシー設定は、受信メッセージのみに適用されます。例外は、「強化されたメールマルウェア検索」セクションにあります。

これは次のとおりです。

  • 強化されたコンテンツ/ファイルプロパティ検索: 受信メッセージと送信メッセージの両方に適用されます。
  • S/MIME: 受信メッセージと送信メッセージのいずれか、または両方に適用されます。

オプションがロックされている場合は、パートナーやエンタープライズ管理者によってグローバル設定が適用されたことを意味します。

次のオプションを設定できます。

また、メール経由のデータ流出を防止するポリシーを設定することもできます。詳細は、データ流出防止ポリシーを参照してください。

トップへ