コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-03-28

Microsoft 365 ルールとの競合の修正

既に Microsoft 365 ドメインでメールフローのルールを 設定済みの場合、Sophos Mailflow で作成されるルールと競合する可能性があります。

Sophos Mailflow のセットアップ中に、設定対象の Microsoft 365 ドメイン用の既存のルールが検出されると、「既存のメールフローのルールが見つかりました」というメッセージが表示されます。

次のいずれか 1つを選択してください。

  • Sophos Mailflow の設定を完了する。セットアップが完了すると、Sophos Mailflow の設定がオンになります。

    このオプションは、Microsoft 365 ドメイン内の既存のコネクタとルールについて把握しており、ソフォスのコネクタとルールに影響を与えないことがわかっている場合に選択します。セットアップを完了します。

  • Sophos Mailflow の設定を完了するが、オフのままにする。コネクタとルールは Microsoft 365 ドメインで作成されますが、接続は Sophos Mailflow でオンにされません。このオプションは、既存のルールと競合するかどうかわからない場合に選択します。

    このオプションを選択した場合は、セットアップの完了後に Microsoft 365 メールフローのルールを確認してから、接続をオンにする必要があります。

Microsoft 365 ルールの確認

Sophos Mailflow の設定を完了するが、オフのままにする」を選択した場合は、セットアップの完了後に Microsoft 365 メールフローのルールを確認する必要があります。

  1. Microsoft Exchange 管理センターにサインインします。
  2. 既存のルールとコネクタを、Sophos Mailflow によってドメインに作成されたものと比較します。
  3. 必要に応じて既存のルールを変更し、競合を解決します。

競合がないことが確認できたら、Sophos Central でドメインへの接続をオンにします。

接続をオンにするには、次の手順を実行します。

  1. メールセキュリティ > 設定 > M365 メールフローのドメインの設定/状態」をクリックします。
  2. ドメインを参照し、「接続」をクリックします。

問題が発生した場合は、接続のテストを実行してください。詳細は、Sophos Mailflow のテストと修正を参照してください。

トップへ