コンテンツにスキップ

Sophos Mailflow のテストと修正

失敗した場合は、ドメインをテストして、接続を再作成できます。

Sophos Mailflow と Microsoft 365 ドメイン間の接続は失敗することがあります。たとえば、Microsoft 365 ドメインの設定が変更された場合、接続できなくなります。

接続のテスト

Sophos Mailflow の接続をテストするには、次の手順を実行します。

  1. メールセキュリティ > 設定 > M365 メールフローのドメインの設定/状態」を参照します。
  2. テストするドメインのテストアイコンをクリックします。

    「ドメインの設定/状態」にあるテストアイコンの実行

  3. クイックテストの実行」で、テストメールの受信先メールアドレスを入力します。

  4. 続行」をクリックします。

    テストには数分かかることがあります。

  5. テストに失敗した場合は、「テストの再実行」または「再接続」をクリックします。

    ドメインを手動で切断してから再接続することもできます。

Sophos Central での切断

Sophos Central で、Microsoft 365 ドメインから Sophos Mailflow のドメインを切断できます。

切断するには、次の手順を実行します。

  1. メールセキュリティ > 設定 > M365 メールフローのドメインの設定/状態」を参照します。
  2. ドメインを参照し、「切断」をクリックします。

    これによって、そのドメインに対して、Sophos Mailflow が Microsoft 365 環境で作成したアプリ、コネクタ、ルールが削除されます。これには数分かかることがあります。

  3. すべてが削除されたことを確認するには、「Microsoft 365 の設定が削除されたことの確認」の手順に従います。

Microsoft 365 の設定が削除されたことの確認

ドメインを切断し、再接続する前にすべてが削除されていることを確認するには、Microsoft 365 管理センターでアプリ、コネクタ、ルールを確認します。

メールの設定を変更する前に、最新の情報を Microsoft ヘルプで確認することを推奨します。

設定を確認するには、次の手順を実行します。

  1. Microsoft 365 管理センターにサインインします。
  2. Azure AD 管理センターを参照して、「アプリ登録」をクリックします。
  3. トラブルシューティングするドメインの「Sophos Email Mailflow」アプリが削除されていることを確認します。
  4. Exchange 管理センターを参照します。
  5. メールフロー」を参照し、「ルール」をクリックします。
  6. 該当するドメインに対する、送受信メールをソフォスにリダイレクトするルールが削除されていることを確認します。
  7. メールフロー」を参照し、「コネクタ」をクリックします。
  8. 該当するドメインに対する、送受信メール用のコネクタが削除されていることを確認します。

Sophos Mailflow を接続した際に行った変更の詳細は、Microsoft 365 環境で行われる変更を参照してください。

次に、Microsoft 365 ドメインを Sophos Mailflow に再接続します。詳細は、Sophos Mailflow の設定を参照してください。

トップへ