コンテンツにスキップ

重複したスキャンの防止

既に Sophos Gateway に接続されている Microsoft 365ドメインに、Sophos Mailflow 接続を設定した場合は、重複したスキャンを防ぐために Sophos Gateway 接続を削除する必要があります。

Sophos Gateway 接続を削除しないと、メッセージが 2度スキャンされる可能性があります。すべてが正常に動作していることを確認するために、短期間 Sophos Mailflow を Sophos Gateway と併用することが望ましい場合もありますが、できるだけ早く Sophos Gateway 接続を削除することを強く推奨します。

Sophos Gateway 接続を削除するには、次の手順を実行します。

  1. メールゲートウェイ > 設定 > ドメイン設定/状態」をクリックします。
  2. ドメイン名をクリックします。
  3. ドメインの詳細」で、「ドメインの削除」をクリックします。
  4. 削除」をクリックして確定します。

ドメインを当初 Sophos Gateway に接続した際に Microsoft 365 ドメイン設定で行った変更を元に戻す必要があります。

両方の接続がアクティブな場合の動作

Sophos Gateway から切断しない場合でも、引き続き保護が提供され、可能な限り、重複したスキャンは防止されます。ドメインで両方の接続が検出されると、Sophos Gateway は、スキャンと処理を行うために、受信メッセージを Sophos Mailflow に転送します。

リアルタイム ブロック リスト (RBL) が設定されている状況などでは、ドメインに対して Sophos Mailflow 接続が存在するかどうかが検出される前に、Sophos Gateway は受信メールをブロックします。この場合、Sophos Gateway ログにログイベントと拒否が表示され、Sophos Mailflow ログにイベントは記録されません。

メッセージが 2度スキャンされると、「メッセージの履歴」や他のレポートに、エントリが重複して表示されます。

Microsoft 365 メールグループを使用して、ドメイン内の複数のメールボックスの一部をスキャンしている場合、各メッセージが 2度スキャンされることを防ぐことはできません。ユーザーに対して、メールにバナーが重複して表示されたり、メールが重複して隔離されたりし、その他、混乱を招く結果となります。

トップへ