コンテンツにスキップ

メールセキュリティ

Sophos Email Security は、受信メールと送信メールの両方をスパムやウイルスなどの脅威から保護します。

このオプションは、ライセンスに Sophos Email Security が含まれている場合のみに表示されます。

Sophos Email Security を設定して、ドメインとメールボックスを保護します。

使用しているメールサービスに Sophos Email Security を接続する方法を選択する必要があります。次の 2つの選択肢があります。

  • Sophos Mailflow: Microsoft 365 (旧称: Office 365) ドメイン用。
  • Sophos Gateway: オンプレミスのメールシステムおよび Microsoft 365 を含むクラウドベースのサービス用。

Sophos Mailflow

Sophos Mailflow は、Microsoft 365 メールを保護します。Microsoft Exchange コネクタサービスを使用して Microsoft 365 と直接統合し、メールをスキャンします。

Sophos Mailflow は、Microsoft API を使用して、Microsoft 365 環境でメールフローのルールを作成します。このようなメールフローのルールによって、メールはソフォスにルーティングされ、その後 Microsoft 365 に戻されます。

Sophos Mailflow の設定は、Sophos Central で実行します。ドメイン検証や MX リダイレクトのために、DNS 設定を変更する必要はありません。

Sophos Mailflow 用に設定後、メールドメインを管理するには、「メールセキュリティ > 設定 > M365 メールフローのドメインの設定/状態」を参照します。

Sophos Gateway

Sophos Gateway は、メールを保護するための既存の方法です。オンプレミスのメール環境を保護するように設計されています。また、Google Workspace など、クラウドベースのすべてのメールサービスとも機能します。Sophos Gateway は Microsoft 365 で使用できますが、Sophos Mailflow を推奨します。

メールドメインの MX レコードを変更して、メールが受信者に到達する前に Sophos Gateway がインターセプトおよびスキャンできるようにする必要があります。また、DNS も変更する必要があります。

Sophos Gateway 用に設定後、メールドメインを管理するには、「メールセキュリティ > 設定 > ドメイン設定/状態」を参照します。

次に行う手順

どちらの方法を選択した場合でも、同様の設定手順を実行します。Sophos Email Security を設定するには、次の手順を実行します。

  • 保護するメールボックスを追加する。詳細は、メールボックスを参照してください。

    Sophos Email Security をはじめて設定する場合で、Sophos Mailflow を使用して Microsoft 365 に接続する予定で、Microsoft Active Directory (AD) を使用している場合は、この手順を無視できます。Sophos Mailflow にメールドメインを追加する際に、Sophos Central ユーザーと AD が同期されます。

  • メールドメインに対して作成する接続の種類を選択し、接続を作成する。

    • Sophos Mailflow を Microsoft 365 ドメインに接続する方法の詳細は、Sophos Mailflow の設定を参照してください。
    • Sophos Gateway の場合は、ドメインを接続後、設定を完了します。詳細は、Sophos Gateway の設定を参照してください。
  • ポリシーと設定を構成する。詳細は、メールセキュリティポリシーを参照してください。
トップへ