コンテンツにスキップ

CloudFormation テンプレートの導入

CloudFormation テンプレートを導入するには、次の手順を実行します。

  1. AWS Marketplace に移動し、 「Sophos Firewall (Auto Scaling PAYG)」を選択します。 詳細は、AWS Marketplace: Sophos を参照してください。

  2. Continue to Subscribe」をクリックします。

  3. 利用規約を確認し、「Accept Terms」をクリックします。

  4. Continue to Configuration」をクリックします。

    Amazon によってリクエストを処理し、サブスクリプションの詳細が表示されます。

  5. Sophos Autoscaling Firewall for AWS」CloudFormation テンプレートを選択します。

  6. Software version」と「Region」を入力します。

  7. ドロップダウンリストで「Launch CloudFormation」を選択し、「Launch」をクリックします。

    Specify stack details」ページに移動します。

  8. スタック名を入力します。

  9. パラメータを入力します。

    パラメータは、CloudFormation テンプレートで定義されます。スタックを作成または編集するときに、カスタム値を入力できます。パラメータは、AWS リソースと Sophos Firewall を設定するために使用されます。

    Sophos Firewall の設定」では、以前に Sophos Central からコピーしたクライアントID とクライアントシークレットを入力する必要があります。

    Sophos Central AS グループ名」を入力する際は、既存のファイアウォールグループ名とは異なる名前であることを確認してください。最大 40文字まで指定できます。同名の既存のファイアウォールグループが原因でグループ名の競合が発生した場合、そのグループに新しいファイアウォールは登録されず、Sophos Firewall の該当するログファイルにエラーが記録されます。

    Sophos Central パラメータの一部の例を次に示します。

    一括ログを有効にするには、「Use CloudWatch」のドロップダウンリストで「yes」を選択します。

  10. 次へ」をクリックします。これによって、「Advanced Options」ページが表示されます。ここで、追加の設定オプションを入力できます。

  11. 次へ」をクリックします。これによって、サマリーページが表示されます。

  12. IAM リソースの作成を確認して、「Create stack」をクリックします。

    スタック作成時間は、AWS のインフラストラクチャによって異なりますが、約 20分かかると推定されます。これは、すべての AWS リソースを設定し、すべてのファイアウォールを起動し、管理のために Sophos Central に接続し、「ウォームプール」ファイアウォールを停止するために必要なプロセスを実行するためです。

    スタックの作成が完了すると、スタックページが表示されます。

    スタックページの例を以下に示します。

  13. スタックに関する情報を表示するには、次のタブをクリックします。

    • Stack info」タブには、概要、タグ、スタックポリシー、ロールバック設定、通知オプションなど、スタックに関する情報が表示されます。

    • Events」タブには、スタックの作成状態が表示されます。これは自動的に更新されます。スタックが作成されると、状態が変わります。

    • Resources」タブには、作成されたリソースに関する情報が表示されます。

    • Outputs」タブには、受信接続に使用される Network Load Balancer (NLB) の DNS 名が表示されます。

    • Parameters」タブには、スタックのパラメータとその値が表示されます。

    • Template」タブには、スタックのテンプレートが表示されます。

    • Change sets」タブには、スタックの変更セットのリストが表示されます。

  14. Sophos Central にサインインして、「ファイアウォール管理 > ファイアウォール」に移動します。スタックが作成されると、アクティブな「ウォーム」ファイアウォールが、自動的に作成されたファイアウォールグループに表示されます。グループ名は、スタック作成時に入力した「Sophos Central AS グループ名」です。

これで、AWS Auto Scaling グループ内のファイアウォールを、Sophos Central で管理できるようになりました。

ファイアウォールが同期されるように、グループレベルで設定を更新する必要があります。これを行うには、Sophos Central にサインインし、「ファイアウォール管理 > ファイアウォール」に移動し、ファイアウォールグループの横にある 3つのドットをクリックして、「ポリシーの管理」をクリックします。