コンテンツにスキップ

ゼロタッチに関する FAQ

ゼロタッチ導入に関する一般的な質問への回答をご覧ください。

接続の問題が原因でゼロタッチ導入が失敗した場合のトラブルシューティング方法を教えてください
  1. コンソールケーブルを使用して Sophos Firewall にローカルでアクセスします。詳細は、Sophos Firewall: コンソールケーブルを使用してシリアル接続を設定するを参照してください。
  2. コマンドライン インターフェース (CLI) にサインインしたら、5 を押して Device Management にアクセスします。
  3. 3 を押して Advanced Shell にアクセスします。Advanced Shell の詳細については、Sophos Firewall:デバイス管理を参照してください。
  4. cd /log コマンドを使用して、ログのディレクトリに移動します。ログの詳細については、Sophos Firewall: ログファイルの詳細を参照してください。
  5. ゼロタッチのログを表示するには、zt.log に進みます。
ゼロタッチ導入に失敗し、ファイアウォールのゼロタッチ設定アシスタントに次のエラーが表示された場合はどうしますか?Zero Touch のセットアップエラー

以下のいずれかのオプションが使用できます。「Zero Touch プロセスの再開始」または「ファイアウォールをローカル管理する」。

Zero Touch のセットアップエラー。

  • Zero Touch プロセスの再開始」をクリックした場合は、Sophos Central からファイアウォールを削除し、Zero Touch を使用して再度追加し、ファイアウォールの Zero Touch セットアップアシスタント「ファイアウォールのリセット」をクリックし、「OK」をクリックし て再起動する必要があります。

Zero Touch プロセスの再開始。

出荷時の設定でファイアウォールを再起動します。

ファイアウォールは出荷時の状態にリセットされ、Zero Touch プロセスを再開始します。

  • ファイアウォールをローカル管理する」をクリックした場合は、ファイアウォールの Zero Touch 設定アシスタントから、出荷時の設定でファイアウォールを再起動する必要があります。

ファイアウォールは出荷時の状態にリセットされ、Web コンソールからファイアウォールの設定アシスタントを使用して再設定できます。

Sophos Central 管理者または Sophos Central パートナー管理者が、特定のお客様のファイアウォールの Zero Touch 設定をスキップする方法を教えてください。

Sophos Central パートナー管理者または Sophos Central 管理者は、次の手順を実行する必要があります。

  • コンピュータ上に tzt_skip という名前のファイルを作成し、そのファイルを USB メモリにコピーします。
  • USB メモリをファイアウォールに接続し、ファイアウォールをインターネットに接続して、ファイアウォールをオンにします。

ファイアウォールは TZT プロセスをスキップし、管理者はファイアウォールの設定アシスタントを使用して Web コンソールからファイアウォールを設定できます。