コンテンツにスキップ

M365 セキュリティ

Microsoft 365 ユーザーを悪意のあるメールから保護できます。

M365 Security では、「配信後の保護」を設定できます。これには、ユーザーの Microsoft 365 (旧称: Office 365) メールボックスを検索して、悪意のあるメールを検出して隔離する「自動検索と無効化」機能が含まれています。

配信後の保護」を使用するには、まず、「メールセキュリティのダッシュボード」で Microsoft 365 テナントのドメインを Sophos Central に追加する必要があります。

制限事項

Microsoft 365 テナントへの接続を設定し管理するには、スーパー管理者である必要があります。

M365 セキュリティの設定

M365 セキュリティを設定する際、Microsoft サービスにアクセスするためのパーミッションを Sophosアプリケーションに許可する必要があります。これによって、ユーザーの受信トレイに悪意のあるメールがないかどうかを検索できるようになります。

M365 セキュリティを設定して、「自動検索と無効化」をオンにする方法については、配信後の保護を参照してください。

Microsoft 365 への接続の管理

Microsoft 365 テナントへの接続の状態は、「概要 > グローバル設定 > ドメイン設定/状態」で表示できます。

詳細は、ドメイン設定/状態を参照してください。

隔離されたメッセージの管理

自動検索と無効化」は、ユーザーの受信トレイで悪意のあるメールを自動的に検索し、隔離します。Microsoft 365 ユーザーから隔離されたメールは、「メールセキュリティのダッシュボード > 隔離されたメッセージ > 配信後の隔離」で表示できます。

詳細は、隔離されたメッセージを参照してください。

レポート

M365 セキュリティのレポートは、「概要 > ログとレポート > 配信後のサマリー」で参照できます。

詳細は、配信後のサマリーのレポートを参照してください。

トップへ