コンテンツにスキップ
ページの一部またはすべては機械翻訳されました。

M365 直接配信

M365ダイレクト配信はメールフィルタリングルールをバイパスし、MicrosoftのグラフAPIを使用してキャンペーンメールを受信者の受信ボックスに直接挿入します。

M365 Direct Deliveryをオンにすると、Microsoftの例外リストにフィッシング脅威ドメインとIPアドレスを追加する必要がなくなり、電子メールの配信性が向上します。

確認済みドメインは 、M365 Direct Delivery ページに一覧表示されます。

複数のドメインがある場合は、ドメインごとにM365 Direct Deliveryをオンにする必要があります。M365 Direct Deliveryがオンになっていない場合、デフォルトのSMTPベースの配信が機能します。

タンパープロテクションを手動でオンにするには、次の手順に従います。

  1. マイプロダクト > Phish Threat > キャンペーン」を参照します。
  2. M365 直接配信
  3. [直接配信(M356のみ)] 列で、ドメインの直接配信をオンにします。
  4. [Credential Manager]ページで 、必要なM365権限を持つPhish Threatの資格情報を追加します。

    • このドメインに資格情報が設定されている場合は、既存の資格情報を選択します。

      **** フィッシング脅威の権限を持たない他の目的でSophos Centralで認証情報を作成した場合は、「Disallowed認証情報」と表示されることがあります。既存の資格情報を再利用する場合は、資格情報を変更して、フィッシング脅威に必要な権限を追加する必要があります。詳細は、統合認証情報マネージャを参照してください。

    • M365 Direct Deliveryを初めてオンにする場合は、資格情報を追加する必要があります。詳細は、を参照してください。

新しい認証情報を追加します。

認証情報を追加するには、次の手順を実行します。

  1. [資格情報マネージャ ]ページで、 [新しい資格情報の追加]をクリックします

    [Add Microsoft Graph Credential]ページで は、次の操作を実行できます。

    • ヒント

      Microsoft 365の自動プロビジョニングを使用することをお勧めし ます。これにより、必要な権限を持つ資格情報が自動的に作成されます。

    詳細は、以下のセクションをご覧ください。

Microsoft 365 の自動プロビジョニングを使用します

  1. [Microsoft Graph資格情報の追加 ]ページで、 [Microsoft 365自動プロビジョニングを使用する]をクリックします
  2. 認証情報名と説明を入力します。

    [Microsoft Graph Credential]ページを追加します。

  3. 保存してプロビジョニングを続行

  4. Microsoft 365 への接続」にある文章を読み、「続行」をクリックします。

    * サインインページにリダイレクトされます。

  5. Microsoftアカウントへのサインイン ページで、Microsoftアカウントを選択します。

  6. 利用規約を確認し、「Accept Terms」をクリックします。

    これにより、Masterアプリの権限が付与されます。

  7. Microsoftアカウントを選択します。

  8. 利用規約を確認し、「Accept Terms」をクリックします。

    これにより、Sophos Central統合の権限が付与されます。

  9. [閉じる]をクリックし て、 アカウント ページへのMicrosoftサインインを閉じます。

    Credential Manager ページに、作成したクレデンシャルが表示されます。

    Credential Managerに新しい認証情報を追加します。

  10. Enabled」をクリックします。

これで、ドメインのM365 Direct Deliveryがオンになりました。

認証の詳細を手動で入力します

資格情報を手動で作成する場合は、 User.Read Mail.ReadWrite Microsoft AzureのおよびAPIアクセス許可を持っていることを確認してください。

  1. [Add Microsoft Graph Credential]ページで[Enter authentication details manually]をクリックします
  2. 登録情報を入力します。

    認証の詳細を手動で入力します。

    アプリIDシークレット の詳細を取得するには、アプリケーションを登録する必要があります。アプリケーションを登録する方法については、「 Microsoft Entra IDへのアプリケーションの登録」を参照してください

  3. 保存」をクリックします。

  4. 表示」メニューの「アップデートマネージャ」をクリックします。

これで、ドメインのM365 Direct Deliveryがオンになりました。

M365 直接配信設定

M365 Direct Deliveryをオンにした後、クイックテストを実行して、セットアップが正常に完了したことを確認できます。

クエリを実行するには、次の手順を実行します。

  1. M365 Direct Deliveryがオンになっているドメインの横にある[再生]ボタンをクリックします。

    直送テストボタン。

  2. [Run a quick direct delivery test] ページで、受取人のメールを入力します。

  3. 続行」をクリックします。

    テストが成功したかどうかを確認するページが表示されます。

  4. 閉じる」をクリックします。