コンテンツにスキップ

MLD スヌーピング

MLD (Multicast Listener Discovery) スヌーピングは、IGMP スヌーピングが IPv4 で提供する機能と同様の機能を IPv6 で提供します。MLD スヌーピングがオンに設定されると、スイッチは、マルチキャストデータを受信するポートのリストを作成します。その後、スイッチは、このデータをこれらのポートのみに転送するので、VLAN 上のすべてのポートに送信されることを回避できます。

設定

MLD スヌーピングを設定するには、次の手順を実行します。

  1. スイッチ」に移動し、設定するスイッチを選択した後、「L3 プロトコル」を選択します。
  2. MLD スヌーピング」を選択します。
  3. 設定」を選択します。
  4. MLD スヌーピングの状態を、グローバルまたは VLAN 単位で選択します。以下のオプションを選択できます:

    オプション 説明
    未設定 MLD スヌーピングが設定されていません。
    有効 MLD スヌーピングをオンにします。
    無効 MLD スヌーピングをオフにします。

グループリスト

グループリスト」タブには、検出されたマルチキャストグループのリストが表示されます。このようなコンピュータまたはデバイスのグループは、同じネットワークトラフィックを受信します。