コンテンツにスキップ

ポートの設定

ポート設定」ページでは、個々のスイッチポートを設定でき、各ポートの情報が表示されます。

設定オプションとその説明は以下を参照してください。

オプション 説明
ポート ポート番号が表示されます。
ラベル 該当する場合、ポートに割り当てたラベルが表示されます。
フロー制御

ポートの現在のフロー制御の状態が表示されます。次のような状態があります。

  • 有効: フロー制御がオンになっています
  • 無効: フロー制御がオフになっています
  • 未設定: フロー制御は設定されていません。
速度/二重通信

ポートの現在の速度および二重通信の設定が表示されます。次のような設定があります。

  • 自動: 速度と二重通信の設定は、接続されているポート間で自動的にネゴシエートされます。
  • 10M/半: 10メガビット、半二重
  • 10M/全: 10メガビット、全二重
  • 100M/半: 100メガビット、半二重
  • 100M/全: 100メガビット、全二重
  • 1G/全: 1ギガビット、全二重
  • 無効: ポートは無効です
  • 未設定: ポートは設定されていません。
タグなし VLAN ポートに割り当てられているタグなし VLAN が表示されます。1つのポートに割り当てることができるタグなし VLAN は 1つのみです。
タグ付き VLAN ポートに割り当てられているタグ付き VLAN が表示されます。1つのポートに複数のタグ付き VLAN を割り当てることができます。
設定のソース ポートがどのように設定されたかが表示されます。ポートは手動で設定することも、サイトテンプレートを使用して設定することもできます。

リンクアグリゲーショングループ (LAG) ポート

複数のイーサネットや SFP リンクを 2つのネットワークデバイス間の単一の論理リンクに結合することで、スループットと可用性を向上させることができます。また、各 LAG ポートに異なるポート速度を設定することもできます。このような LAG ポートを使用して、サイトまたはスイッチレベルで VLAN 設定を作成できます。

LAG ポートを設定するには、次の手順を実行します。

  1. ポート設定」をクリックします。

    「ポート設定」をクリックします。

  2. LAG ポート」セクションまで下にスクロールし、LAG ポートを作成するポートをクリックします。

    「LAG ポート」セクション。

  3. LAG の管理」ウィンドウで、「種類」として「LACP」を選択します。

    「LAG の管理」ウィンドウで、種類を選択します。

  4. ポート」ドロップダウンメニューで、LAG グループに追加するポートを選択します。

    「LAG の管理」ウィンドウで、ポートを追加します。

  5. 保存」をクリックします。

    「保存」をクリックします。

  6. 必要に応じて、ポートにラベルを付けます。

    ポートにラベルを付けます。

  7. ドロップダウンメニューで、LAG グループに追加した各ポートに対して「有効」を選択します。

    「有効」を選択します。

  8. ドロップダウンメニューから、各ポートの速度を選択します。必要に応じて、ポートごとに異なる速度を選択できます。

    ポート速度の選択。

  9. ページの一番上までスクロールし、「更新」をクリックして 新しい設定をスイッチにプッシュします。

    設定の更新。

詳細設定

詳細設定」を使用して、 ポートごとに「ポートの隔離」、「EEE」、および「ジャンボフレーム」を設定できます。

  • ポートの隔離: 「ポートの隔離」がオンの場合、スイッチポートはアップストリームポートとのみ通信できます。ダウンストリーム通信は許可されていません。
  • EEE: EEE (Energy Efficient Ethernet) は IEEE 802.3az 規格で、リンク使用率が低いときに物理デバイスの消費電力を削減します。
  • ジャンボフレーム: ジャンボフレームを使用すると、標準の 1,500 バイトイーサネット最大転送ユニット (MTU) サイズよりも大きいパケットを送信できます。ジャンボフレームは、イーサネットパケットサイズを 10,000 バイトに拡張します。

    スイッチは、最大 10,240 バイトのジャンボフレームサイズをサポートします。ネットワーク内のすべてのデバイスにジャンボフレームを設定する必要があります。最大ジャンボフレームサイズを超えるデバイスがないことを確認してください。

詳細ポート設定を行うには、以下の手順に従います。

  1. 詳細設定」をクリックします。
  2. ポートテーブルで、設定するポートを見つけます。
  3. ドロップダウンメニューを使用して、「ポートの隔離」のステータスを設定します。以下のオプションから選択できます。

    • 有効: 「ポートの隔離」をオンにします。
    • 無効: 「ポートの隔離」をオフにします。
    • 未設定: 設定は Sophos Central からプッシュ送信されないため、ローカル設定が引き続き使用されます。

    ポートの隔離のステータスを設定します。

  4. ドロップダウンメニューを使用して、 「EEE」ステータスを設定します。以下のオプションから選択できます。

    • 有効: 「EEE」をオンにします。
    • 無効: 「EEE」をオフにします。
    • 未設定: 設定は Sophos Central からプッシュ送信されないため、ローカル設定が引き続き使用されます。

    EEE のステータスを設定します。

  5. ジャンボフレーム」を設定するには、最大フレームサイズをバイト単位で入力します。使用可能な範囲は 1,522 ~ 10,240 です。

    ジャンボフレームを設定します。

最初のポート以外のポートのサイズボックスを表示するには、列の上部にある歯車記号をクリックし、「ポート単位の設定を表示」をオンにします。

ポートごとのジャンボフレームを表示します。