コンテンツにスキップ

複数のサブ管理サイトのコネクタ

複数のサブ管理サイトがあり、Sophos Central Enterprise を使用している場合は、このページをお読みください。

コネクタ (現在、「統合」とも呼ばれます) を使用すると、ソフォスはサードパーティ製品からデータを収集し、脅威の調査に使用できます。

複数のサブ管理サイトがあり、Sophos Central Enterprise を使用している場合は、すべてのサードパーティ統合に対して、1つのサブ管理サイトを使用するようにしてください。

専用のサブ管理サイトを使用する理由

単一の専用サブ管理サイトを使用すると、すべての統合は同じ場所にデータを送信します。これによって、さまざまなソースからの検出を単一の調査に関連付けることができるため、結果は向上します。

また、単一のサブ管理サイトに対して各統合を 1回だけ設定することで、重複したデータが Sophos Data Lake に送信されることを防ぐこともできます。また、通常はアクセス権のないデータが、管理者に表示されることを防ぐことができます。

複数のサブ管理サイトに対して同じ統合がある場合

複数のサブ管理サイトに対して同じ統合を設定すると、収集された検出は Sophos Data Lake に複数回送信されます。つまり、各サブ管理サイトに重複する調査が作成されることになります。

また、管理者のロールに応じて通常は表示されない、ユーザーやデバイスに関連付けられている警告が、各サブ管理サイトの管理者に表示されることがあります。

このような問題を解決するには、1件のサブ管理サイトを除く、他すべてのサブ管理サイトから統合を削除してください。