コンテンツにスキップ
MDR のサポート提供の詳細はこちら

Cato

API

Beta integrations are provided " AS IS " and free of charge during the beta phase. All use of beta integrations is at your sole discretion, and any use is subject to Sophos End User Terms of Use.

この機能を使用するには、「Network」統合ライセンスパックが必要です。

Cato を Sophos Central と統合して、ソフォスでの解析用にデータを送信することができます。

この統合は API ベースです。

主なステップは次のとおりです。

  • Cato アカウント ID を取得します。
  • Cato API キーを生成します。
  • Sophos Central に統合を設定します。

Cato アカウント ID を取得する

アカウント ID を検索するには、次の手順に従います。

Cato Management Application で、「Administration > Account > General Info」の順に選択します。

アカウント ID はページの右上に表示されます。

Cato API キーの生成

統合に必要な Cato API キーを生成するには、次の手順を実行します。

  1. Cato Management Application で、「Administration > API & Integrations」の順に選択します。
  2. API Keys」タブで、 「New」をクリックします。「Create API Key」ダイアログが開きます。

    API キーの作成ダイアログ。

  3. Key Name」を入力します。

  4. API Permission」で、 「View」を選択します。

  5. Expired at」は 空白のままにします。

    キーの有効期限を設定することはお勧めしません。キーが期限切れになると、データがソフォスに送信されなくなります。

  6. (任意) セキュリティを強化するには、「Allow access from IPs」で「Specific IP list」、この API キーの使用を許可する IP アドレスを定義します。

    指定できる Sophos IP の詳細については、統合のためのソフォスの IPを参照してください。

  7. Apply」をクリックします。API キーが追加され、新しい API キーを含むポップアップが表示されます。

    API キーをコピーし、安全な場所に保存します。ポップアップを閉じると、API キーは再び表示されません。

  8. OK」をクリックします。

次に、Sophos Central に統合を設定します。

統合の設定

Sophos Central に Cato を統合するには、次の手順を実行します。

  1. Sophos Central で、「脅威解析センター > 統合 > マーケットプレイス」に移動します。
  2. Cato」をクリックします。

    Cato」ページが開きます。ここで統合を設定し、既に設定されているすべてのリストを表示できます。

  3. 設定の追加」をクリックします。

    これが統合追加の初回である場合は、内部ドメインと IP の詳細の入力が必要になります。詳細は、ドメインと IP アドレスを参照してください。

  4. 統合手順」で、次の手順を実行します。

    1. 名前」と「説明」を入力します。
    2. Cato から取得した「アカウント ID」と「API キー」を入力します。
  5. 保存」をクリックします。

統合が作成され、リストに表示されます。状態のアイコンが緑色のチェックマークとして表示される場合は、検証後にデータが Sophos Data Lake に表示されます。

詳細情報