コンテンツにスキップ
MDR のサポート提供の詳細はこちら

Okta

API

この機能を使用するには、「Identity」統合ライセンスパックが必要です。

Okta は Sophos Central と統合して、ソフォスでの解析用に監査データを送信することができます。

この統合は API ベースです。

主なステップは次のとおりです。

  • お使いの Okta サービスの詳細を取得します。
  • Okta で API トークンを生成します。
  • Sophos Central に統合を追加します。

Okta サービスの詳細を取得する

次の詳細情報が必要です。

  • サービスのベース URL。これは次の形式です。https://${yourOktaOrg}
  • API トークン。

ベース URL の検索

Okta ドメインとも呼ばれる Okta の URL を検索するには、次の手順に従います。

  1. Okta 組織の Okta 管理コンソールにサインインします。
  2. ダッシュボードの右上隅にあるグローバルヘッダーで Okta ドメインを探します。

    Okta ドメインの例を次に示します。

    • example.oktapreview.com
    • example.okta.com
    • example.okta-emea.com
  3. 後でSophos Central で使用するよう、URL をコピーします。

API トークンの生成

Okta を統合するには、API トークンが必要です。これは、鍵または秘密鍵とも呼ばれます。

API トークンを生成するには、次の手順を実行します。

  1. API のアクションを実行するのに必要な権限を持つ管理者として Okta にサインインします。

    API トークンは、サインイン管理者からユーザーの役割と権限を継承します。

  2. Okta 管理者コンソールで、「セキュリティ」 > [API」を参照します。

  3. トークンの作成」をクリックします。
  4. トークンの名前を入力します。

    !!! 情報 「トークン値は、すぐにコピーしてください。トークン値は再利用できません。」

統合の追加

Sophos Central に Okta を統合するには、次の手順を実行します。

  1. Sophos Central で「脅威解析センター」に移動して、「統合」をクリックします。
  2. Okta」をクリックします。

    既にこの種類の統合を設定済みの場合は、ここに表示されます。

  3. 統合の追加」をクリックします。

    これが統合追加の初回である場合は、内部ドメインと IP の詳細の入力が必要になります。詳細は、を参照してください。

  4. 統合手順」では、Okta からデータを収集するように API を設定します。これには、次の手順を実行します。

    1. 統合名と説明を入力します。
    2. ベース URLAPI トークンを入力します。
  5. 保存」をクリックします。

統合が作成され、リストに表示されます。

統合が「接続済み」として表示される場合は、検証後にデータが Sophos Data Lake に表示されます。

詳細情報

ドメインの検索の詳細については、Okta のマニュアルをお読みになることをお勧めします。「Oktaドメインを検索する」をご覧ください。