コンテンツにスキップ
MDR のサポート提供の詳細はこちら

Dell ハードウェア上の Sophos NDR

NDR は、Dell がテストおよび認定した Dell のシステムにインストールできます。

NDR アプライアンスイメージの作成

Sophos NDR は、アプライアンスを使用してデータを収集し、解析のために Sophos Data Lake に転送します。

ハードウェアをセットアップする前に、NDR アプライアンスのインストールイメージを作成してダウンロードする必要があります。この ISO イメージは、後で NDR アプライアンスとして展開します。

  1. Sophos Central で、「脅威解析センター > 統合」に移動します。
  2. Sophos Network Detection and Response (NDR)」を探してクリックします。
  3. NDR」ページの「データの取り込み (セキュリティ警告)」で、 「設定の追加」をクリックします。

    統合のセットアップ手順」が表示されます。

  4. ステップ 1 」で、統合の名前と説明を入力します。

  5. ステップ 2」で、「新しいアプライアンスの作成」を選択します。
  6. 新しいアプライアンスを作成するには、次の手順を実行します。

    1. アプライアンス名と説明を入力します。一意の名前を入力する必要があります。
    2. 仮想プラットフォーム」で、「ハードウェア」を選択します。
  7. ステップ 3」で、特定のドメインとプロトコルを検索から除外します。これは、誤検知の原因となるドメインがある場合などに行います。

    除外リストは後で設定できますが、除外リスト名はここで入力する必要があります。

    1. 除外リスト名」に名前を入力します。
    2. ドメインを除外するには、「ドメインの除外」をクリックします。ドメイン名 (例: sophos.com) を入力し、「追加」をクリックします。
    3. プロトコルを除外するには、「プロトコルの除外」をクリックします。次のいずれかまたは両方のフィールドに情報を入力します。

      • 最初のフィールドに、マスタープロトコルを入力します。例: TCP または UDP
      • 2番目のフィールドに、サブプロトコル (Webサイト) を入力します。例: facebook

      マスタープロトコルを完全に除外することは推奨されません。ルーティングプロトコルなど、通常、危険ではない高トラフィックのプロトコルで、大量のデータが生成される場合のみにこれを実行するようにしてください。

      除外対象項目は、JSON ファイルとしてエクスポートできます。以前にエクスポートした JSON ファイルから、除外対象項目をリストにアップロードすることもできます。

    4. 追加」をクリックします。

    5. 保存」をクリックします。

      ポップアップに Sophos Appliance Manager 認証情報が表示されます。それをメモします。アプライアンスにアクセスしてトラブルシューティングを行うには、Appliance Manager が必要です。

      これで、新しい統合が「Configured NDR integrations」(設定された NDR 統合) リストに表示されます。

  8. アプライアンスイメージをダウンロードするには、「アクション」列の 3つのドットをクリックし、 「イメージのダウンロード」を選択します。イメージがダウンロード可能になるまで待機する必要がある場合があります。

システムのインストールと接続

  1. Dell ハードウェアを開封します。
  2. ラック マウント レールを取り付けます。Dell PowerEdge のマニュアルを参照してください。
  3. 次のケーブルと周辺機器を Dell デバイスに接続します。

    • 電源装置への電源ケーブル。
    • VGA モニターと USB キーボード
    • 管理ネットワークケーブルを 1 というラベルのポートに接続します。
    • Syslog ネットワークケーブルを 2 というラベルのポートに接続します。
    • iDRAC ネットワークケーブルを iDRAC というラベルのポートに接続します。
    • その他のネットワークキャプチャケーブルを SPAN/ミラーポートに接続します。

iDRAC の設定

iDRAC は、リモートキーボードおよびビデオ機能、およびリモート仮想メディアのサポートを提供します。このシステムは、起動可能な ISO イメージを介した NDR ソフトウェアのインストールを容易にするために使用されます。

システムがラックに取り付けられ、上記のすべての接続が完了したら、システムの電源を入れます。

起動時にキーボードの F2 を押して、「System Setup」に入ります。

iDRAC 設定メニューの表示

  1. 「System Setup」画面で、矢印キーを使用して「iDRAC settings」を選択し、Enter を押します。
  2. 矢印キーを使用して「Network」を選択して、Enter を押します。

iDRAC ネットワークの設定

  1. 矢印キーを使用して IP 設定へスクロールし、iDRAC システムへの接続に使用するアドレスを設定します。
  2. Tab キーを押して右下の「Back」ボタンをハイライト表示し、Enter を押します。

iDRAC ユーザー名とパスワードの設定

デフォルトのパスワードを変更することを強くお勧めします。これには、次の手順を実行します。

  1. 矢印キーを使用して iDRAC 設定から「User Configuration」を選択し、Enter を押します。
  2. デフォルトのユーザー名は root です 。新しいユーザー名を入力して変更できます。
  3. パスワードを変更するには、矢印キーを使用して「Change password」フィールドまでスクロールダウンし 、Enter を押します。
  4. 新しいパスワードを入力し、確認のためにもう一度入力します。
  5. Tab キーを押して「Back」ボタンをハイライト表示し、Enter を押します。
  6. Tab キーを押して「Finish」ボタンをハイライト表示し、Enter を押します。
  7. 矢印キーを使用して「Yes」ボタンを選択し、変更を保存します。
  8. System Setup」画面で、Tab キーを押して「Finish」ボタンをハイライト表示し、Enter を押します。
  9. 矢印キーを使用して「Yes」ボタンを選択し、終了することを確認します。

接続の確認

この時点で、iDRAC システムに Web ブラウザからアクセスできるようになっています。これをテストするには、ブラウザを開いて http://<configured IP address> に進みます。iDRAC ページが接続されない場合は、iDRAC ネットワーク接続を確認して、再試行してください。

以降の設定はすべてリモートで行われます。キーボードと VGA モニターを取り外すことができます。

iDRAC への接続

  1. iDRAC インターフェスにまだ接続していない場合は、Web ブラウザを開いて http://<configured IP address> に進みます 。
  2. 前のセクションで設定したユーザー名とパスワードを入力します。

    正常にログインすると、iDRAC ダッシュボードが表示されます。

RAID データパーティションの作成 (R660 2ソケットシステムのみ)

Dell R660 2ソケットシステムでは、RAID データパーティションを作成するだけで済みます。このシステムには、前面ディスクエンクロージャに 3台のディスクドライブが含まれます。

RAID 5 セットアップでディスクが事前設定されていない場合は、データドライブ用に RAID を設定する必要があります。

  1. iDRAC ダッシュボードで、「Storage」をクリックします。次に、「Summary」が選択されていることを確認
  2. Summary of Disks」セクションで、仮想ディスクの数を確認します。2つの仮想ディスクがリストされている場合は、このセクションの残りの手順をスキップして、「インストール ISO の接続」セクションに進みます。
  3. Virtual Disks」をクリックします。

    現在の仮想ディスクは OS ディスク用です。データパーティション用の RAID 5アレイを作成する必要があります。

  4. Create Virtual Disk」をクリックし、「Basic Configuration」を選択します。

  5. Controller」ドロップダウンリストから「PERC」コントローラを選択します。
  6. Layout」ドロップダウンリストから「RAID 5」を選択します
  7. Add to Pending」をクリックします
  8. Apply Now」をクリックします

    ボリュームの作成がジョブキューに追加されます。

  9. Job Queue」をクリックして、操作ステータスを確認します。

    何も表示されない場合は、「Tasks」タブの「Pending Operations」が表示されていることを確認してください。保留中の操作リストが空になるまで、「Refresh」を定期的にクリックできます。

  10. iDRAC ダッシュボードで、「Storage」をクリックし、「Summary of Disks」に 2つの仮想ディスクがあることを確認します。

インストール ISO の接続

仮想コンソールを開く

  1. まだダッシュボードを表示していない場合は、Web ページの iDRAC メニューの左上にある「Dashboard」をクリックします。
  2. ページの右下隅で、「Virtual Console」をクリックします。新しいブラウザウィンドウが開きます。

ポップアップブロッカーがある場合、仮想コンソールは開きません。開くには、この Web サイトのポップアップを許可する必要があります。

仮想メディアの接続

  1. 仮想コンソールの上部にあるメニューバーで「Virtual Media」をクリックします。
  2. Connect Virtual Media」をクリックします。
  3. Sophos Central から NDR アプライアンスのインストールイメージをダウンロードしていない場合は、ダウンロードします。
  4. Map CD/DVD」で、「Browse」ボタンをクリックします。
  5. ファイル選択ダイアログを使用して、Central からダウンロードしたアプライアンス ISO イメージを選択します。

    ISO イメージを選択すると、「Map Device」ボタンがアクティブになります。

  6. Map Device」をクリックします

  7. Close」をクリックします。

インストーラ ISO からの起動

  1. 仮想コンソールの上部にあるメニューバーで「Boot」をクリックします。
  2. Virtual CD/DVD/ISO」をクリックします。
  3. Yes」をクリックして、選択を確認します。
  4. 仮想コンソールの上部にあるメニューバーの「Power」をクリックします。
  5. Reset System (warm boot)」をクリックします。
  6. Yes」をクリックして、選択を確認します。

システムが ISO インストーラから起動するように設定されている場合、再起動プロセスが開始されます。

インストールの開始

Install Sophos NDR - Dell Models」がハイライト表示されていることを確認し、Enter を押します。

ISO イメージからの起動には時間がかかる場合があるため、インストーラが完全に読み込まれるまで待つ必要があります。「Network Connections」画面が表示されたら、インストーラの読み込みが完了しています。

管理 IP アドレスの設定

管理ネットワークと Sophos Central への接続に使用するインタフェースを特定します。

このインターフェースに IP アドレス、デフォルトゲートウェイ、および DNS アドレスを設定する必要があります。DHCP 設定は可能ですが、アプライアンスの IP アドレスは今後の再起動時に変更される可能性があるため、推奨されません。

  1. 矢印キーを使用して管理インターフェースを選択し、Enter を押します。
  2. Edit IPv4」を選択し、Enter を押します。
  3. IPv4 method」で Enter を押し、「Manual」を選択します。
  4. インターフェースのサブネットを CIDR 表記で入力します。
  5. Address」フィールドにインターフェースの IP アドレスを入力します。
  6. Gateway」フィールドにデフォルトゲートウェイを入力します。
  7. Name servers」フィールドに DNS サーバーを入力します 。
  8. 任意: 「Search domains」フィールドにドメインを入力します。
  9. 矢印キーを使用して「Save」を選択し、Enter を押します。

syslog IP アドレスの設定

  1. 矢印キーを使用して syslog に使用するインターフェースを選択し、Enter を押します。
  2. 矢印キーを使用して「Edit IPv4」を選択して、Enter を押します。
  3. IPv4 方式に対して「Manual」を選択し、Enter を押します。
  4. インターフェースのサブネットを CIDR 表記で入力します。
  5. Address」フィールドにインターフェースの IP アドレスを入力します。
  6. 矢印キーを使用して「Save」を選択し、Enter を押します。

ゲートウェイまたは DNS アドレスを入力しないでください。管理インターフェースに対してのみ設定する必要があります。

キャプチャインターフェースの設定

キャプチャインターフェース (SPAN 設定) は、インストール後に Appliance Manager の Web UI を使用して設定します。SPAN 設定を参照してください。

ここでは、次のように残りのすべてのネットワークインターフェースを無効にします。

  1. 矢印キーを使用してインターフェースを選択し、Enter を押します。
  2. Edit IPv4」を選択し、Enter を押します。
  3. 矢印キーを使用して「Disabled」を選択し、Enter を押します。
  4. 矢印キーを使用して「Save」を選択し、Enter を押します。

ネットワーク設定の確認

管理 IP アドレスと syslog IP アドレスの設定を確認します。その他のインターフェースはすべて無効です。

すべてのネットワーク設定が正しい場合は、矢印キーを使用して 「Done」を選択し、Enter を押します。

インストールプロセス

システムはディスクにパーティションを作成し、インストールプロセスを開始する準備ができました。

矢印キーを使用して「Continue」を選択し、Enter を押します。これにより、ディスクパーティションとインストールが確認されます。

ソフトウェアのインストールには時間がかかります。画面上部に「Install complete!」のメッセージが表示されたら、インストールが完了します。

インストール後の再起動

  1. インストールが完了したら、矢印キーを使用して 「Reboot Now」を選択し、Enter を押します。

    終了プロセスが一時停止し、インストールメディアを取り出す必要があります。

  2. 仮想コンソールの上部メニューバーにある「Virtual Media」ボタンを選択します。

  3. Disconnect Virtual Media」をクリックし、 「Yes」をクリックし、「Close」をクリックします。
  4. Enter を押して、終了および再起動プロセスを続行します。