コンテンツにスキップ
MDR のサポート提供の詳細はこちら

Sophos NDR VM サイズガイド

Sophos NDR 仮想アプライアンスは、ESXi サーバー上の VM で実行されるトラフィックアナライザーです。

NDR 仮想アプライアンスが最高のパフォーマンスを発揮しつつ、最小限の影響をネットワークに抑えるように、VM を設定することが必要になる場合があります。

ネットワークトラフィックに応じた推奨事項は次のとおりです。

  • 中規模トラフィック


    • 最大 500Mbps
    • 最大 70,000パケット/秒
    • 最大 1200フロー/秒

    仮想マシンは、デフォルト設定でインストールできます。VM 設定を変更する必要はありません。

  • 大規模トラフィック


    • 最大 1Gbps
    • 最大 300,000パケット/秒
    • 最大 4500フロー/秒

    仮想マシンのサイズを 8個の vCPU に変更するようにしてください。

複数の統合を実行している VM

上記の推奨事項は、Sophos NDR を実行している VM のみを対象にしています。負荷の高い状態で 1つ以上のログコレクタ統合も実行している場合は、仮想 CPU の追加が必要になることがあります。

各ログコレクタ統合は、負荷が高い状況で、約 400MB の RAM を使用します。このため、VM に RAM を追加することが必要になる場合があります。

大規模ネットワーク内の VM

ネットワークの仕様の値が「大規模トラフィック」設定の数値よりも大きい場合は、ネットワーク全体に複数の仮想アプライアンスを導入してください。