コンテンツにスキップ

サーバー

サーバー」ページでは、保護対象サーバーを表示・管理できます。

概要 > デバイス > サーバー」を参照します。

このセクションでは、サーバーの一覧、および次の操作について説明します。

  • サーバーの追加。

  • サーバーの詳細の表示と管理。

  • リストの出力。

サーバーの一覧について

サーバーの一覧には、サーバーとその詳細が表示されます。

  • 名前

  • IP。アイコンをマウスオーバーすると、すべての IPv4 アドレスと IPv6 アドレスの詳細が表示されます。

  • OS。「Sophos Security VM」と表示されるサーバーは、ソフォス製品でゲスト VM を保護しているホストです。

  • 前回同期。サーバーが前回ソフォスと同期してからの経過時間です。タイムスタンプは、平均で 1時間に 1回のみ更新されます。

  • グループ。サーバーが所属するグループ (グループに属する場合)。

  • ロックダウンの状態。サーバーに対する未承認の変更を阻止する、ロックダウン機能がインストール済みであるかどうかが表示されます。

    • ロックダウン: Sophos Lockdown がインストールされていることを示します。
    • インストールされていません: Sophos Lockdown がインストールされていないことを示します。インストールして、サーバーをロックダウンするには、「ロックダウン」をクリックします。

サーバーを検索するには、一覧の上部にある検索フィールドにサーバー名を入力します。

別の種類のサーバーや、特定のセキュリティ状態のサーバーを表示するには、一覧の上にあるフィルタを使用します。

たとえば、「Sophos Security VM」フィルタを選択すると、ハイパーバイザー上の Sophos Security VM のインスタンスが表示されます。

サーバーの追加

サーバーを追加する (つまり、サーバーを保護・管理し、一覧に表示する) には、ページ右上の「サーバーの追加」をクリックします。

デバイスの保護」ページが表示されたら、そこからサーバーを保護するために必要なインストーラをダウンロードします。サーバーインストーラの詳細は、サーバープロテクションを参照してください。

サーバーの詳細情報の表示

サーバーの詳細を表示するには、一覧にある各サーバー名をクリックして、サーバーの詳細を開きます。ここでは、サーバーの詳細を表示したり、サーバーの更新、検索、ロック、ロック解除、または削除を実行したりできます。

ソフトウェアのインストールやアンインストール

新しいサーバー保護ソフトウェアを選択して、Sophos Central で保護・管理されているサーバーにインストールすることができます。

同様にソフトウェアをアンインストールすることもできます。

これらの操作の手順は次のとおりです。

  1. ソフトウェアをインストールまたはアンインストールするサーバーを選択します。

  2. エンドポイントソフトウェアの管理」をクリックします。

  3. ソフトウェアを選択します。

    サーバーにインストールするソフトウェアの選択

  4. 保存」をクリックします。

選択したソフトウェアがサーバーにインストールされます。詳細は、サーバーの再起動を参照してください。

サーバーでサポートされていないソフトウェアは、サーバーにインストールされません。

セキュリティ状態のリセット

選択したサーバーのセキュリティ状態を「正常」(名前の横の緑色のチェックマーク) にリセットできます。

リセットしても、脅威のクリーンアップやソフトウェアの修正は行われませんが、Sophos Central とサーバーで警告が消去されます。

古い問題を無視して、現在または今後の問題に専念する場合は、リセットを実行してください。問題のないサーバーの状態は、リセット後も「正常」のままなので、現在または今後の保護やマルウェアの問題がより明確になります。

セキュリティ状態をリセットするには、サーバーを選択し、「セキュリティ状態のリセット」をクリックします。

なお、これは保護には影響を与えません。対処が必要な問題がサーバーにある場合、セキュリティ状態は「問題あり」に戻ります。

CSV 形式で出力

サーバーの一覧は、次のようにしてエクスポートできます。

CSV 形式で出力」をクリックします。

servers.csv というファイルが作成されます。現在アクティブなフィルタで、一覧がフィルタリング表示されます。

たとえば、「Windows サーバー」フィルタおよび「警告レベルが「高」のサーバー」フィルタを適用後、「CSV 形式で出力」をクリックすると、セキュリティに問題がある Windows サーバーの一覧をエクスポートできます。

複数のサーバーの選択

サーバーは一覧に表示されます。表は、複数ページに渡ることがあります。

複数のサーバーを選択して、グループとして管理できます。これは、多数のデバイスを管理しており、複数のサーバーを選択する必要がある場合などに便利です。

サーバーを選択するには、表でフォーカスを移動し、キーボードとマウス、またはキーボードだけを使用してサーバーを選択または選択解除します。使用できるオプションは、次の表を参照してください。

選択オプション キー 説明
表でページを移動する。 Ctrl、Shift 次のページに移動するには、「Ctrl」+「Shift」キーを押します。
キーボードとマウスを使用して、表でグループ化されていない複数のサーバーを選択する。 Ctrl 「Ctrl」キーを押しながら、サーバーの表の複数の行をクリックして、複数のサーバーを選択します。

各行は、表内で隣接している必要はありません。

サーバーの選択を解除するには、「Ctrl」キーを押しながらサーバーを再クリックします。
キーボードを使用して、表でグループ化されていない複数のサーバーを選択する。 Ctrl、Tab、Enter 「Ctrl」+「Tab」キーを押してサーバーに移動した後、「Enter」キーを押して選択します。「Ctrl」+「Tab」キーを押して、次に選択するサーバーに移動します。

各サーバーは、表内で隣接している必要はありません。

サーバーの選択を解除するには、「Shift」+「Tab」キーを使用してサーバーに移動し、「スぺース」キーを押します。
キーボードとマウスを使用して、表でグループ化されている複数のサーバーを選択する。 Shift 「Shift」キーを押しながらサーバーをクリックし、さらに別のサーバーをクリックしてサーバーの範囲を選択します。

各サーバーは、表内で隣接している必要があります。

サーバーの選択を解除するには、「Shift + Ctrl」キーを押してサーバーに移動し、クリックします。
キーボードを使用して、表でグループ化されている複数のサーバーを選択する。 Shift、Tab、Enter 「Shift」+「Tab」キーを押してサーバーに移動した後、「Enter」キーを押して選択します。「Shift」+「Tab」キーを押して、次に選択するサーバーに移動します。

各サーバーは、表内で隣接している必要があります。

サーバーの選択を解除するには、 「Shift」+「Tab」キーを使用してサーバーに移動し、「Enter」キーを押します。
キーボードを使用して、表でグループ化されていない複数のサーバーを選択する。

これらのキーを使用して、表内のフォーカスを一度に 1行ずつ移動できます。

Ctrl、Shift、Tab、Enter これらのキーは、次のように使用できます。
  • 「Ctrl」+「Enter」キーを押して、対象のサーバーを選択します。
  • 「Tab」キーを押して、サーバーの表でフォーカスを 1行下に移動します。
  • 「Shift」+「Tab」キーを押してサーバーの表でフォーカスを 1行上に移動します。
サーバーの選択を解除するには、「Shift」キー、または「Shift」+「Tab」キーを使用してサーバーに移動した後、「Enter」キーを押します。
トップへ