コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-04-28

同期された Active Directory データの消去

Active Directory (AD) 同期データは削除できます。

警告

データを削除する前に、同期の実行が設定されている AD Sync がないことを確認してください。これを行わないと、データは再表示されます。また、データが再度同期されないように、フィルタを確認する必要もあります。

Sophos Central で削除されるデータには、いくつかの例外があります。AD から取得した場合でも、次の項目は削除されません。

  • 管理対象デバイスと関連付けられたユーザー。
  • 管理者。

同期データを削除するには、次の手順を実行します。

  1. 概要 > グローバル設定 > ディレクトリサービス」を参照します。
  2. ソースの名前をクリックします。
  3. オフにする」をクリックします。
  4. データの消去」をクリックします。
  5. 削除するデータの種類を選択します。

    • すべて
    • ユーザーとユーザーグループ

      これによって、共有メールボックスとパブリックフォルダも削除されます。

    • デバイスとデバイスグループ

    同期された Active Directory データの削除オプション

  6. データの消去は、元に戻すことができないことを確認します。

  7. データの消去」をクリックします。

    選択したデータが削除され、以後、そのデータは同期されません。

すべての AD データを削除した場合は、以後、ユーザー、デバイス、グループを Sophos Central で管理する必要があります。ユーザーとユーザーグループは、Azure AD を使用して管理できます。

トップへ