コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-04-28

Azure AD ソース設定の変更

ソースの名前と説明を変更できます。また、設定、フィルタ、および同期間隔も変更できます。

警告

変更内容を反映させるには、同期をオンにする必要があります。同期をオンにすると、変更を元に戻すことはできません。

Azure AD フィルタの使用方法の詳細は、ユーザーとグループのフィルタリングを参照してください。

ディレクトリソースの設定の詳細は、Azure AD との同期の設定を参照してください。

変更するには、次の手順を実行します。

  1. 概要 > グローバル設定 > ディレクトリサービス」を参照します。
  2. ソースの名前をクリックします。

    Azure AD の編集モード

  3. オフにする」をクリックします。

  4. 変更を行います。同期を再度オンにするまで、変更を元に戻したり、追加の変更を加えたりできます。

    • 保存」をクリックして、すべての更新内容を保存します。
    • 更新内容を削除するには、「元に戻す」をクリックします。

      これによって、ディレクトリソースが前回アクティブであった時以来行われた変更すべてが元に戻されます。

  5. オンにする」をクリックします。

    変更内容は、次回 Azure AD と同期する際に反映されます。

トップへ