コンテンツにスキップ

インストーラのコマンドラインオプション: Windows

Windows 用の Sophos Central Endpoint のインストーラで利用可能なコマンドラインオプションは次のとおりです。

コマンドラインオプション

アップデートキャッシュからのインストール用のコマンドラインオプションはありません。インストーラは、Sophos Central アカウントで設定済みのアップデートキャッシュすべてへの接続を自動的に評価し、そこからインストールを行います。

Sophos Central の詳細は、よくある質問 (FAQ) を参照してください。

インストーラの詳細は、次を参照してください。

Windows の例

オプション 説明
非表示

--quiet

ユーザーインターフェースを表示せずにインストーラを実行します。

プロキシ検出なし

--noproxydetection

プロキシの自動検出を行いません。

他社製品の削除なし

--nocompetitorremoval

競合他社の製品を自動的に削除しません。(Sophos Anti-Virus のインストールの場合のみ。)

言語

--language=<language ID\>

インストーラの言語を手動で設定できます。デフォルトで、インストーラはシステム言語を使用します。

末尾の引数: 言語 ID

グループ

--devicegroup=<Central group\>

--devicegroup=<Central group\>\\<Central subgroup\>

エンドポイントが参加する Sophos Central デバイスグループを指定します。

このオプションを使用して、サブグループにデバイスを追加することもできます。

末尾の引数: 参加するグループまたはサブグループ。存在しない場合は作成されます。

CRT カタログへのパス

--crtcatalogpath=<path to CRT catalog\>

削除する競合他社の製品の独自のカタログを指定できます。

末尾の引数: カタログフォルダへのフルパスとファイル名。

例: --crtcatalogpath=C:\\catalog\\productcatalog.xml

メッセージリレー

--messagerelays=<comma-separated message relay list of IPs including the port\>

使用するメッセージリレーの一覧を指定します。

末尾の引数: メッセージリレーの IP アドレスをポート 8190 と共に指定する必要があります。

例: --messagerelays=IPADDRESS:8190

登録サーバー

--epinstallerserver <registration server URL\>

接続先の MCS サーバーを指定します。

末尾の引数: MCS サーバー URL。

プロキシアドレス

--proxyaddress=<custom proxy address\>

使用するカスタムプロキシを指定します。

末尾の引数: プロトコルなしの URL (HTTPS を使用)

プロキシユーザー名

`--proxyusername=<custom proxy user name>

If a custom proxy has been specified, set the username with this option.

Trailing argument: the username of the proxy.

Proxy password --proxypassword=<custom proxy password>

If a custom proxy and username have been specified, set the password with this option.

Trailing argument: password for the proxy.

Computer name override

--computernameoverride=\<コンピュータ名の上書き>

Overrides the name of the computer to be used in Sophos Central.

Trailing argument: custom computer name.

Customer token

--customertoken=\<顧客トークン>

Specifies the token of the Sophos Central customer to associate the endpoint with.

Trailing argument: UUID which maps to a customer.

Products to install

--products=\<コンマで区切られた製品の一覧>

Specifies a list of products to install. If you specifiy a product that you don't have a license for, then it isn't installed.

Trailing argument: list of products to install, comma-separated.

Available options are:antivirus, intercept, mdr, deviceEncryptionorall.

Local install source

--localinstallsource=\<インストールソースへのパス>

Specifies a local install source to use during installation. This allows an installation to occur without having to download the installer files.

It isn't necessary to populate the local install source, but it is necessary to create aSophosLocalInstallSource folder.

If an empty folder is provided it is populated during the first installation.

If you wish to pre-populate the cache you can take a copy of the files from an already installed endpoint or from your update cache:

%ProgramData%\\Sophos\\AutoUpdate\\data\\Warehouse

%ProgramData%\\Sophos\\UpdateCache\\www\\warehouse

Even if a populated local install source is provided, internet access is still required and some files are downloaded. The amount of data downloaded depends on various factors including, for example:

  • Whether the platform of the installation endpoint differs from the files already populated.
  • Whether the warehouse has changes since the local install source was populated.

For the purpose of this example SomeContent represents the files and folders within theWarehousefolder.

  1. Go to%ProgramData%\\Sophos\\AutoUpdate\\data\\Warehouse\\SomeContent.
  2. Using the above path you create <SharedOrRemovableLocation>\\SophosLocalInstallSource\\SomeContent
  3. To install using this local install source you can run SophosSetup.exe --localinstallsource="\<共有またはリムーバブルロケーション>"
Message trail logging

--traillogging

Turns on the logging of message content between the endpoint and Sophos Central during installation.

You must switch this option off after installing, see Enabling a diagnostic message trail of Sophos MCS.

Register only

--registeronly

You use this command to re-register an endpoint that already has Endpoint Protection installed on it.

You may want to do this if you're moving regions in Sophos Central. You can use this option if you're moving devices from one account to another. You can also use this option if you're a partner and you have an endpoint that's registered to the wrong customer. Alternatively, you can use it if you're an Enterprise admin and you want to move endpoints between sub-estates.

To use this command, turn off tamper protection on the endpoint and run the installer from the account you want to move the endpoint to using--registeronly\.

Windows の例

ユーザーの操作なしで Sophos Anti-Virus と Intercept X をインストール:

SophosSetup.exe --products=antivirus,intercept --quiet

プロキシを使用したインストール:

SophosSetup.exe --proxyaddress=<ProxyIP/FQDN>:<Port>

メッセージリレーを使用したインストール:

SophosSetup.exe --messagerelays=192.168.10.100:8190

サブグループへのインストール:

SophosSetup.exe --devicegroup=”Application Servers\Terminal Servers”

インストールされているサーバーを、“Application Servers“ グループの “Terminal Servers“ サブグループに配置します。名前にスペースが含まれているグループの場合は、引用符を使用する必要があります。

言語 ID

言語 ID
英語 1033
フランス語 1036
ドイツ語 1031
日本語 1041
スペイン語 1034
イタリア語 1040
ポーランド語 1045
ブラジルポルトガル語 1046
韓国語 1042
簡体中国語 (標準語) 2052
繁体中国語 (広東語) 3076
中国語 (香港) 3076
中国語 (マカオ) 3076
中国語 (シンガポール) 2052
トップへ