コンテンツにスキップ

macOS のセキュリティパーミッション

Mac で実行するには、Sophos Endpoint Protection のセキュリティパーミッションを付与する必要があります。Apple はセキュリティ要件を頻繁にアップデートするため、この作業は複数回必要になる場合があります。

リモート導入を使用する場合は、導入のセットアップ中にセキュリティパーミッションを付与します。詳細は、Jamf Pro を使ったエンドポイントプロテクションのインストールを参照してください。

ソフォスは必要なパーミッションがあることを 30分ごとに確認します。これには、Sophos Service Manager を使用します。

Sophos Service Manager を閉じて、適切なパーミッションがあるかどうかを手動で確認できます。これは「アクティビティモニタ」で確認します。Sophos Service Manager が自動的に再起動を行い、30秒後にパーミッションを確認します。その後、30分ごとに確認が行われます。

Sophos Endpoint では、パーミッションが必要な場合に通知が表示されます。この通知からパーミッションを付与できます。

パーミッションの付与

パーミッションを付与するには、次の手順を実行します。

  1. 通知で「詳細」をクリックします。
  2. 「システム環境設定」で「セキュリティとプライバシー」を開きます」をクリックします。
  3. セキュリティとプライバシー」で、「プライバシー」をクリックします。
  4. ウィンドウの下部にある鍵のアイコンをクリックし、サインインして変更を加えます。

    サインインしてパーミッションを更新する

  5. 下にスクロールして、左側の「フルディスクアクセス」をクリックします。

    フルディスク アクセス パーミッション

  6. ソフォスのアイコンを Sophos Endpoint から「セキュリティとプライバシー」にドラッグします。

    Sophos Endpoint のフルアクセスパーミッションを追加する

  7. Sophos Endpoint UIServer へのフルディスクアクセスを許可する必要があります。次のオプションから選択します。

    • 即座にこれを行うには、「Select Quit & Reopen」(終了して再度開くを選択) をクリックします。
    • Later」(後で) をクリック してパーミッションを与え、作業を続行します。ディスクにフルアクセスするには、Mac を再起動する必要があります。お客様は依然として保護されています。
  8. セキュリティとプライバシー」を閉じます。