コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-07-26

Server Protection エージェント

Sophos Protection for Linux には Server Protection というエージェントがあり、これを使用して Linux デバイス上でオンデマンド検索を実行できます。Server Protection は、ウイルス対策スキャナ (avscanner) です。Server Protection は、不要と思われるアプリケーション (PUA) の検出と削除には対応していません。

Server Protection のインストールディレクトリ ($PLUGIN_INST) は、$INST/plugins/av です。

Server Protection の使用を開始する前に、/usr/local/bin/ がパスに存在することを確認する必要があります。

avscanner は、フル ファイル スキャナで /opt/sophos-spl/plugins/av/bin/avscanner にあります。

ファイル、アーカイブファイル、またはディレクトリを検索できます。

コマンドラインから検索を実行する際、オプションを追加できます。

これには、次のように入力します: avscanner PATH \[OPTION\]

\[OPTION\] には、次の表にあるコマンドラインオプションの 1つを入力します。

コマンドラインオプション 説明

-h

--help

このヘルプメッセージの印刷

-a

--scan-archives

アーカイブファイル内の検索

-s

--follow-symlinks

検索時にシンボリックリンクをたどる

-x

--exclude EXCLUSION...

これらの場所を検索対象から除外

-o

--output OUTPUT...

ログファイルへの書き込み

-l

--log-level LOGLEVEL...

ログレベルの設定。

これによって、avscanner のログレベルのみが設定されます。他の Sophos Protection for Linux コンポーネントのログレベルは変更されません。

ワイルドカード文字を使用できます。ワイルドカード文字を使用する場合は、次の事項について理解しておく必要があります。

  • avscanner でオプションが表示される前に、シェルによってワイルドカードが展開されます。
  • エスケープされている、または引用符で囲まれているワイルドカードは、avscanner によって使用されます。これは、スケジュール検索の除外でワイルドカードを使用する場合と同様に動作します。詳細は、Linux での検索除外を参照してください。

オンデマンド検索の実行中に、別のオンデマンド検索を実行しようとすると、検索拒否メッセージがログファイルに表示されます。これは /opt/sophos-sspl/plugins/av/log/av.log で参照できます。詳細は、「ログファイル」を参照してください。

コマンドの例

コマンドの例は次のとおりです。

コマンド 説明
avscanner / --scan-archives アーカイブファイルの内容を含むルートディレクトリ (ドットファイルまたはディレクトリを再帰的に含む) を検索します。
avscanner / --follow-symlinks ルートディレクトリを検索し、シンボリックリンクをたどります。
avscanner /usr --exclude /usr/local/ /usr/local を除く /usr ディレクトリを検索します。
avscanner folder --exclude '\*.log' folder ディレクトリを検索しますが、ファイル拡張子が .log のファイル名は除外します。
avscanner foo.exe -o scan.log ファイル foo.exe を検索し、出力を scan.log という名前のログファイルにリダイレクトします。
avscanner / --log-level info ログレベルを「info」に設定して、ルートディレクトリを検索します。

ログファイル

ログファイルは、/opt/sophos-sspl/plugins/av/log/ で参照できます。

ロールレベルを変更するには、次の手順を実行します。

  1. /opt/sophos-spl/base/etc/logger.conf を編集して、レベルを設定します。
  2. systemctl restart sophos-spl と入力して、プラグインを再起動します。

またログレベルは、コマンドラインで検索を実行する際に上書きすることもできます。

トップへ