コンテンツにスキップ

Sophos Protection for Linux

Sophos Central の使用開始に関する一般的なヘルプは、スタートアップガイドに説明があります。詳細は、Sophos Central スタートアップガイドを参照してください。

デバイスの設定と管理

Sophos Protection for Linux は、Sophos Central で管理および設定します。以下の操作を実行できます。

  • デバイスへの Sophos Protection for Linux のインストール。詳細は、サーバープロテクションを参照してください。
  • 対処が必要な問題が Linux デバイスにあるかの確認。対処が必要かどうかは警告に表示されます。詳細は、警告を参照してください。
  • サーバー」ページでの Linux デバイスの管理。たとえば、デバイスにインストールされている保護ソフトウェアを管理できます。詳細は、サーバーを参照してください。

    また、Linux デバイスの詳細を表示して管理することもできます。これを行うには、「サーバー」でデバイス名をクリックします。詳細は、サーバーのサマリーを参照してください。

    「デバイス」ページの「インストール済みコンポーネントのバージョン」の下に表示される Server Protection バージョン番号は、/opt/sophos-spl/plugins/av/VERSION.ini でデバイスに報告されたバージョンと一致するはずです。

  • 脅威対策ポリシーを使用した、ウイルス対策と脅威対策の設定の管理。詳細は、サーバーの脅威対策ポリシーを参照してください。

  • デバイスでの Sophos Protection for Linux のアップデートの管理。詳細は、サーバーのアップデートポリシーを参照してください。

    Sophos Central は、該当する最初のアップデートポリシーを Linux デバイスに適用します。詳細は、ポリシーについてを参照してください。

検索

Sophos Central で、スケジュール検索を設定できます。これは、脅威対策ポリシーで実行できます。また、 デバイスで検索を実行することもできます。これを行うには、「デバイス」ページに移動して、「今すぐ検索」をクリックします。

また、コマンドラインから Sophos Protection for Linux を使用して、検索を実行することもできます。Sophos Protection for Linux には Server Protection というエージェントがあり、これを使用して Linux デバイス上でオンデマンド検索を実行できます。詳細は、Server Protection エージェントを参照してください。

イベント

イベントは、Sophos Protection for Linux に送信される前に、/opt/sophos-spl/plugins/av/log/av.log にログ記録されます。イベント情報は、Sophos Central のイベントログに表示されます。詳細は、イベントレポートを参照してください。

トップへ