コンテンツにスキップ

ゴールドイメージの作成と新しいデバイスの複製

このバージョンのヘルプが公開された時点では、このオプションはリリースされていない可能性があります。

VDI (仮想デスクトップインフラストラクチャ) で仮想マシンを使用する場合は、ゴールドイメージから新しい仮想マシンを作成できます。ゴールドイメージは、仮想マシンのテンプレートとして機能します。新しく作成する各仮想マシンの ID が、ゴールドイメージとして使用されるデバイスの ID とは異なるようにする必要があります。

エンドポイントプロテクションやサーバープロテクションからゴールドイメージを作成して、新しい仮想マシンを作成できます。エンドポイントプロテクションやサーバープロテクションをゴールドイメージにインストールし、その単一のゴールドイメージから実行される仮想マシンの各インスタンスが固有の ID を持つようにするには、ここでの手順を実行します。このような仮想マシンは、Sophos Central Admin でデバイスとして登録されます。その後、Sophos Central Admin で管理できます。

制限事項

  • 現在、サーバーのゴールドイメージを作成することはできません。
  • サーバーロックダウンやアップデートキャッシュ機能のあるサーバーのゴールドイメージを作成することはできません。

エンドポイントプロテクションのインストールの詳細は、エンドポイントプロテクションを参照してください。

サーバープロテクションのインストールの詳細は、サーバープロテクションを参照してください。

Sophos Central Admin と管理対象エンドポイント間の通信を行うためにファイアウォールやプロキシを設定する方法の詳細は、許可するドメインおよびポートを参照してください。

イメージの準備

  1. イメージとして使用するデバイスを更新して、希望どおりの OS およびアプリの環境を整えます。

イメージの設定

新しいデバイスに新しいインストールを作成できます。これには、次の手順を実行します。

  1. ゴールドイメージオプションおよびその他の該当するオプションを使用して、エンドポイントプロテクションまたはサーバープロテクションをインストールします。

    • 次のコマンドを実行します: SophosSetup.exe --goldimage

    これは、デバイスがゴールドイメージであることを示し、該当するライセンスオプションすべてをインストールします。

    ゴールドイメージを作成する際、ソフォスのインストールのコマンドラインオプションの一部を使用できます。次のオプションを使用できます。

    • 選択した製品をゴールドイメージにインストールするには、次を使用します: --products

      SophosSetup.exe --goldimage --products=antivirus によって、ウイルス対策製品のみがインストールされたゴールドイメージが作成されます。

    • 複製したデバイスをグループに割り当てるには、次を使用します: --devicegroup

      SophosSetup.exe --goldimage --devicegroup=Virtual によって、すべてのライセンス製品がインストールされたゴールドイメージが作成されます。複製されたデバイスはすべて Sophos Central Admin の「Virtual」というグループに追加されます。

詳細は、インストーラのコマンドラインオプション: Windowsを参照してください。

インストールが完了したら、ゴールドイメージデバイスをオフにできます。

次に、仮想マシンまたはクローンを作成できます。ゴールドイメージを更新するには、デバイスを再起動します。

既存のデバイスをゴールドイメージとして使用

既存のデバイスをゴールドイメージとして使用することもできます。これには、次の手順を実行します。

  1. 使用するデバイスを参照します。

  2. デバイスが適切に設定されていることを確認します。

    • OS が最新で、パッチがインストールされていることを確認します。
    • エンドポイントプロテクションまたはサーバープロテクションがインストールされていることを確認します。
  3. 次のコマンドを実行します: SophosSetup.exe --goldimage

    これによって、このデバイスがゴールドイメージとして指定されます。

次に、仮想マシンまたはクローンを作成できます。ゴールドイメージを更新するには、デバイスを再起動します。

仮想マシンがクローンであるかをソフォスが判断する方法

ユーザーが仮想マシンを起動すると、デバイス名の変更を検出することで、新しいクローンが起動されたかどうかが判断されます。名前の変更が検出された場合は、既存のソフォス設定が消去され、Sophos Central Admin に新しいデバイスが登録されます。このクローンは、一意のデバイスとして扱われます。

デバイス名に変更がない場合は、ゴールドイメージ デバイスが起動されたと判断されます。

デフォルトでは、ゴールドイメージ デバイスを起動後、Sophos Central との通信が開始されるまで 2分間待機します。これによって、新しいクローンの ID の変更に予想以上の時間がかかっている場合など、デバイスが重複して作成されることを防止できます。

ID の変更にデフォルトの 2分以上かかる場合は、--goldimagetimeout オプションを使用してデフォルトを変更してください。

タイムアウトを 4分に設定するには、インストールコマンドに次のオプションを追加します。

--goldimagetimeout=240

2分間が経過すると、ゴールドイメージ デバイスと Sophos Central 間との定期的な通信が再開されます。その後、OS、アプリ、エンドポイントプロテクション、またはサーバープロテクションを更新できます。

ID は、ゴールドイメージ デバイスが再起動されるたびにチェックされます。

トップへ