メインコンテンツへ移動
作業の開始
ここでは、Sophos Central の使用を開始するための手順について説明します。
「アカウント名」をクリックすると、ライセンス、管理者、サポート設定などを管理するオプションが表示されます。
アカウントの詳細
「アカウントの詳細」ページでは、パスワードの変更のほか、通知メールの管理、アカウント情報やパートナーの連絡先の表示など、さまざまな操作を行うことができます。
ライセンスのアクティベート
ライセンスの新規購入後は、ライセンスのアクティベートが必要です。
ライセンス
ソフォスのライセンスは、Sophos Central Admin からアクティベートし、管理します。
無償評価
「無償評価」ページで、Sophos Central に追加可能な製品の情報を参照できます。
アーリー アクセス プログラム
アーリー アクセス プログラムでは、正式リリースに先駆けて新しい製品機能を試用することができます。
ユーザーとユーザーグループを管理したり、ユーザーのコンピュータを保護したりできます。
ユーザーとグループ
ユーザーとユーザーグループを管理したり、ユーザーのコンピュータを保護したりできます。
ディレクトリサービス
ユーザーおよびユーザーグループは、ディレクトリサービスを使用して Sophos Central にインポートできます。
デバイスの保護
ソフォスのインストーラをダウンロードしてデバイスを保護できます。
デバイス
「デバイス」ページでは、コンピュータやサーバーなど、保護対象デバイスを管理できます。
ロールの管理
あらかじめ定義済みの管理者ロールを使用すれば、管理者の業務レベルに応じてセキュリティタスクを分担することができます。
ポリシーは、ユーザー、デバイス、サーバーまたはネットワークを保護するために、Sophos Central によって適用されるオプション (マルウェア対策の設定など) です。
ポリシーについて
ユーザー、デバイス、またはサーバーを保護するには、ポリシーを使用します。
ポリシーの作成/編集
ポリシーの作成/編集方法は次のとおりです。
アカウントに最高レベルの保護が提供されているかどうかを確認できます。
エンドポイントプロテクション
ライセンスを取得している保護ソフトウェアすべてがインストールされているかどうかを確認できます。
サーバープロテクション
ライセンスを取得している保護ソフトウェアすべてがインストールされているかどうかを確認できます。
Intercept X with XDR
Sophos Extended Detection and Response (XDR) を使用すると、検出された脅威 (脅威グラフ) を調査し、新しい脅威やセキュリティの弱点を検索できます。また、デバイスを監視し、問題をリモートで修正することもできます。
Managed Threat Response
Managed Threat Response (Sophos MTR) は、24時間体制の脅威ハンティング、検出、修復を提供するフルマネージド型サービスです。
Zero Trust Network Access
Sophos Zero Trust Network Access (ZTNA) を使用して、ネットワーク上のリソース (アプリケーションおよびファイル) へのアクセスを制御できます。
ライセンスのある製品を管理できます。
概要
メインメニューには、Sophos Central で使用できる機能の一覧が表示されます。
エンドポイントプロテクション
エンドポイントプロテクションは、マルウェア、危険な種類のファイル/Web サイト、および悪質なトラフィックに対する保護をユーザーおよびデバイスに提供します。
暗号化
デバイス暗号化では、BitLocker (Windows) や FileVault (Mac) など、OS に搭載されているドライブ暗号化機能を管理できます。
サーバープロテクション
サーバーの保護方法について説明します。
ワイヤレス
アクセスポイント、ワイヤレスネットワーク、およびデバイスを設定、管理します。
メールゲートウェイ
メールゲートウェイは、スパム、スプーフィング、およびウイルスに対する保護機能を提供します。
Web ゲートウェイ
ソフォスの Web ゲートウェイは、危険または不適切な Web サイトの閲覧を制限する機能です。
ファイアウォール管理
ファイアウォール管理では、Sophos Central に接続する Sophos Firewall デバイスの管理や設定を行うことができます。
Phish Threat
Phish Threat を使用すると、フィッシングキャンペーンに対するユーザーの反応をテストできます。
MTR
Managed Threat Response (Sophos MTR) は、24時間体制の脅威ハンティング、検出、修復を提供するフルマネージド型サービスです。
Cloud Optix
Sophos Cloud Optix は、AI (人工知能) テクノロジーを活用し、パブリッククラウド環境のセキュリティとコンプライアンスの強化を実現するプラットフォームです。
モバイル
Sophos Mobile は、デスクトップやモバイルデバイスなどを簡単に管理・保護できる UEM (Unified Endpoint Management) ソリューションです。
対応している Web ブラウザ
対応している Web ブラウザを確認できます。
言語
Sophos Central は、次の言語に対応しています。
コンプライアンス
「コンプライアンス」セクションは、必要なセキュリティ基準に準拠するための情報を提供しています。
サポートへのお問い合わせ
ソフォスのサポートへは、以下の方法でお問い合わせいただけます。
利用条件

このヘルプについて

このヘルプでは、Sophos Central Admin のすべての機能の使用方法について説明します。

Sophos Central Admin は、次から構成されています。

  • 管理ダッシュボード。
  • 脅威対策などの機能をもつ製品。使用するには、デバイスにソフトウェアをインストールする必要があります。

作業の開始

Sophos Central の使用を開始する方法については、作業の開始を参照してください。

アカウントの管理

アカウント、ライセンス、サポート設定などの管理方法については、アカウントの管理を参照してください。

ユーザーとデバイスの管理

ユーザー、デバイス、および管理者を管理する方法、さらにディレクトリサービスを使用する方法については、ユーザーとデバイスを参照してください。

ユーザーとデバイスの保護

ユーザーとデバイスは、ポリシーを使用して保護します。

ポリシーの使用方法については、ポリシーを参照してください。

製品の管理

Sophos Central Admin では、エンドポイントプロテクションなど、製品名の配下に機能が表示されます。さらに、ライセンスのある製品の機能すべてが一括して表示される「概要」もあります。

ライセンスのある製品の管理については、製品の管理を参照してください。

最新情報を確認する場合

最新機能の詳細は、最新情報ページを参照してください。

76bbe36ae44231f246ce3cc6a6ad6a0508e8dd2f