コンテンツにスキップ

インストーラのコマンドラインオプション: Mac

Mac 用の Sophos Central Endpoint のインストーラは、次のコマンドラインオプションに対応しています。

Mac コマンドラインオプション

警告

macOS 11 Big Sur では、SophosInstall フォルダをユーザーの Home フォルダに移動する必要があります。

非表示

ユーザーインターフェースを表示せずにインストーラを実行します。

`--quiet --install`

グループ

エンドポイントが参加する Sophos Central デバイスグループを指定します。

`--devicegroup <Central グループ\>`

引数

参加するグループ。存在しない場合は作成されます。

メッセージリレー

使用するメッセージリレーの一覧を指定します。

`--messagerelays <スペース区切りの、ポートを含むメッセージリレーの IP の一覧\>`

引数

メッセージリレーの IP アドレスをポート 8190 と共に指定する必要があります。

--messagerelays IPADDRESS:8190 IPADDRESS:8190

プロキシアドレス

使用するカスタムプロキシを指定します。

`--proxyaddress <カスタム プロキシ アドレス\>`

引数

プロトコルなしの URL (HTTPS を使用)

プロキシポート

プロキシが使用するポートを指定します。

`--proxyport <プロキシポート\>`

引数

プロキシのポート。

プロキシユーザー名

カスタムプロキシが指定されている場合、このオプションでユーザー名を指定します。

`--proxyusername <カスタムプロキシのユーザー名\>`

引数

プロキシのユーザー名。

プロキシパスワード

カスタムプロキシとユーザー名が指定されている場合、このオプションでパスワードを指定します。

`--proxypassword <カスタムプロキシのパスワード\>`

引数

プロキシのパスワード。

コンピュータ名の上書き

Sophos Central で使用されるコンピュータ名を上書きします。コンピュータ名は引用符で囲まないようにしてください。このオプションは、新規インストールのみで使用できます。

`--computernameoverride <コンピュータ名の上書き\>`

引数

カスタム コンピュータ名。

ドメイン名の上書き

Sophos Central で使用されるコンピュータのドメイン名を上書きします。このオプションは、新規インストールのみで使用できます。

`--domainnameoverride <ドメインの上書き\>`

引数

カスタム ドメイン名。

Sophos Central のユーザー名で使用するカスタム ドメイン名。

ユーザー名を machine\\username ではなく domain\\username として送信するようにクライアントを設定します。このオプションは、新規インストールのみで使用できます。

--`mcsPreferredDomainName`

登録サーバー

接続先の MCS サーバーを指定します。

--mgmtserver <registration server URL\>

引数

MCS サーバー URL。

顧客トークン

エンドポイントを関連付ける Sophos Central 顧客のトークンを指定します。

`--customertoken <顧客トークン\>`

引数

顧客をマッピングする UUID。

インストールする製品

インストールする製品の一覧を指定します。ライセンスを持っていない製品を指定した場合、その製品はインストールされません。

`--products <スペース区切りの、インストールする製品の一覧\>`

引数

コンマで区切りの、インストールする製品の一覧。

利用可能なオプション:

  • antivirus

  • intercept

  • mdr

  • deviceEncryption

  • all

Mac インストーラは、インストールのダウンロード時にすべてのメッセージリレーとアップデートキャッシュを認識します。キャッシュとリレーを変更した場合は、新しいインストールをダウンロードする必要があります。リレーはコマンドラインでも指定できます。

インストーラの詳細は、インストーラの事前チェックメッセージを参照してください。

Mac の例

  • ユーザーの操作なしで Sophos Anti-Virus と Intercept X をインストール:

    sudo ./Sophos\ Installer.app/Contents/MacOS/Sophos\ Installer --products antivirus intercept --quiet

  • プロキシを使用したインストール:

    sudo ./Sophos\ Installer.app/Contents/MacOS/Sophos\ Installer --proxyaddress <ProxyIP/FQDN> --proxyport <Port>

  • メッセージリレーを使用したインストール:

    sudo ./Sophos\ Installer.app/Contents/MacOS/Sophos\ Installer --messagerelays 192.168.10.100:8190

ファイルを使用した名前の変更

コマンドラインオプションを使用すると、ファイルを使用した上書きは無視されます。

ファイルを使用して、コンピュータやドメインの名前と説明を変更できます。これには、次の手順を実行します。

  1. /Library/Preferences/ に、com.sophos.mcs-overrides.plist という名前の新しいファイルを作成します。
  2. 次のような形式で指定します。

    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN"
    "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">;
    <plist version="1.0">
    <dict>
    <key>ComputerNameOverride</key>
    <string>OverridingComputerName</string>
    <key>DomainNameOverride</key>
    <string>OverridingDomainName</string>
    <key>ComputerDescriptionOverride</key>
    <string>OverridingComputerDescription</string>
    </dict>
    </plist>
    
  3. 必要な数だけ \ と \ のペアをコピーして貼り付けます。

  4. \ と \ のペアを次のように変更します。

    • コンピュータ名を変更するには、ComputerNameOverride の文字列を置き換えます。

    • ドメイン名を変更するには、DomainNameOverride の文字列を置き換えます。

    • コンピュータの説明を変更するには、ComputerDescriptionOverride の文字列を置き換えます。

  5. 各エントリが次のルールに従うことを確認します。

    • 長さは 1~256文字の間で指定してください。

    • 改行文字は使用しないでください。

    • '\n' または '\r' は使用しないでください。

    • 記号 <, >, &, ', ", / は使用しないでください。

    • 連続する空白文字は使用しないでください。これは、1つのスペース文字で置き換えられます。

  6. 使用していない \ と \ のペアは、すべて削除します。ファイル内のエントリはすべて使用されます。

  7. ファイルを /Library/Preferences/ に保存します。

    これは、Sophos Endpoint Protection のインストール前または後に行うことができます。ただし、インストール後に行うと、コンピュータが新しい詳細で Sophos Central に表示されることがあります。この場合、引き続き、古いコンピュータも表示されます。インストール前に行うと、古いコンピュータが削除され、新しいコンピュータが表示されます。

  8. このファイルを読み込むには、コンピュータを再起動するか、Terminal から次のコマンドを実行します。

    sudo launchctl stop com.sophos.mcs

SMEPreferDomainName がオンになっている場合、これによって、報告されるユーザーのドメインに使用されるドメインも上書きされます。

トップへ