コンテンツにスキップ

導入

Sophos Endpoint Protection は、すべてのサブ管理サイトの Windows コンピュータ (またはサーバー)、および Mac にインストールすることができます。

API ベースの導入

インストールスクリプトを使用する方法は、下位互換性の目的で維持されるものです。代わりに、API ベースの導入方法を使用することを推奨します。詳細は、Endpoint API GET /downloads を参照してください。

また、既存のスクリプトベースの導入も、API ベースの方法に変換することを推奨します。

API ベースの導入を使用する場合は、インストーラを実行して新しいコンピュータを保護する必要があります。インストーラをローカルで実行することも、SCCM (System Center Configuration Manager) などのソフトウェア導入ツールを使用して、多数のコンピュータ上でインストーラを実行することもできます。

インストーラの詳細は、次を参照してください。

インストールスクリプト。

インストーラをダウンロードし、各サブ管理サイト用のインストールスクリプトを作成します。これには、次の手順を実行します。

  1. インストール」を参照します。

  2. 保護する OS 用のインストーラをダウンロードします。

  3. CSV ファイルをダウンロードします。このファイルは、インストールする製品や、対象のサブ管理サイトに必要となる、その他の詳細を指定するために使用します。

  4. インストーラと CSV ファイルを使用してインストールスクリプトを作成します。

    CSV ファイルには、有効なエンドポイント製品ライセンスを持つサブ管理サイトのみが含まれています。

  5. スクリプトを使用します。

ヒント

CSV ファイルを使用する必要があります。このファイルがない場合、インストーラは動作しません。

トップへ