コンテンツにスキップ

ソフォス サインインの設定

Sophos Central Enterprise のメールとパスワード、フェデレーション サインイン、またはその両方を使用してサインインすることを管理者に許可できます。

異なるアクセス権を必要とする管理者には、カスタムルールを設定できます。

要件

制限事項

エンタープライズスーパー管理者である必要があります。

フェデレーション サインインを使用するには、ドメインと IdP を設定する必要があります。ユーザーは、1つのドメインと 1つの IdP のみに割り当てることができます。詳細は、フェデレーション サインインの設定を参照してください。

フェデレーション サインインのみをサインインのオプションとして使用する場合は、次のことを把握する必要があります。

  • すべての管理者がドメインに割り当てられており、IdP があることを確認する必要があります。

  • 管理者はパスワードをリセットできません。フェデレーション サインインのみをオフにして、パスワードをリセットできるようにする必要があります。

  • Sophos Central Enterprise のメールとパスワードのみを使用できるように変更すると、サインインに使用できるパスワードは事前に設定されません。管理者は、「パスワードのリセット」を使用して新しいパスワードを設定した後、サインインすることが必要になります。

ソフォス サインインの設定

ここでの設定を変更すると、Sophos Central Enterprise のメールとパスワードでサインインが許可される、カスタム サインイン ルールに自動的に追加されます。

管理者のサインイン方法を選択するには、次の手順を実行します。

  1. 設定とポリシー > ソフォス サインインの設定」を参照します。

  2. 管理者のサインイン方法を選択します。

  3. 必要に応じて、特定の管理者に対するカスタム サインイン ルールを追加します。

  4. 保存」をクリックします。

管理者がサインインする際に表示される内容は、ここで選択したオプションに応じて異なります。詳細は、サインインのオプションを参照してください。

カスタムルールの追加

異なるアクセス権を必要とする管理者には、カスタムルールを設定できます。

これには、次の手順を実行します。

  1. 設定とポリシー > ソフォス サインインの設定」を参照します。

  2. カスタムルールの追加」をクリックします。

  3. カスタムルールを作成する管理者を、「選択済みユーザー」に追加します。

  4. サインイン方法を選択し、「保存」をクリックします。

ルールは、「ソフォス サインインの設定」に表示されます。管理者の名前と、その管理者に適用されるサインインの設定が表示されます。

トップへ